Blog

カフェインが検出されないお茶 たんぽぽ茶ショウキT-1

投稿日:

40代女性の半数が以上が睡眠不足!

 

多くの方が悩みを持つ「睡眠」。

 

日本では夜でも明るい場所が多く、さらにスマートフォンなどの携帯機器の普及により、光を浴びる時間が増えています。

 

そこで問題になってくるのが不眠や睡眠不足です。

 

睡眠の問題で多いのが寝つきが悪かったり、夜中目が覚めてしまったり、寝ているのに目覚めがスッキリしないといった症状。

 

厚生労働省が調査したところ、日本人の39.5%が一日の睡眠時間が6時間未満だということもわかっています。

特に40代女性に限っては52.8%の人が睡眠時間が6時間未満と報告されています。

 

そのため昼間の仕事や家事の時間に眠くなると、パフォーマンスが落ちてしまうのです。

そんな時に飲みたくなるのが、コーヒーや紅茶などのカフェインが入った飲み物。

コーヒーや紅茶を飲むことが生活の一部になっている方も少なくないでしょう。

 

カフェインは中枢神経を興奮させる働きがあり、眠い時に役立ちます。

しかし、実はこのカフェインには大きな問題があるのです!

カフェインは中毒性があり、多く飲むと死ににまで至ることがあるほど危険性を持った成分なのです、

 

妊婦さんのカフェイン摂取は要注意!

 

命の脅かすほどカフェインを飲むことは普通の生活をしていれば、ありえません。

しかし、妊婦さんのように身体に気をつけなければいけない場合、話は別です。

 

それは、カフェインの大量摂取により、流産や早産、さらには赤ちゃんが低体重になることがあるため。妊娠中は、カフェインを分解するまでに時間がかかり、胎盤を通して赤ちゃんにも影響を及ぼすのです。

 

1日100mg以上のカフェインを摂取すると自然流産率が増加することがわかっています。

100mgはコーヒー約1杯分に含まれているカフェイン量です。

 

さらに、カフェインの働きによって尿からカルシウムを通常よりも多く排出させてしまいます。

カルシウムは日本人で唯一摂取量が少ないと言われているミネラル。

妊婦さんなら尚更必要な成分です。

 

ただカルシウムが不足しても赤ちゃんには、影響はほとんどないと考えられています。

しかし、その理由はお母さんの体内に蓄積されたカルシウムによって補完されているから。

お母さんが骨粗しょう症などの骨が弱くなる病気にある危険性が高まってしまうのです。

 

また、カルシウムは骨を元気にするだけでなく、鉄分の吸収をよくする働きもしています。カルシウムが減少することは鉄分の吸収量も減ってしまうことにつながるのです。

 

鉄分が不足すると貧血などの症状を引き起こします。妊娠中はただでさえ貧血が起こりやすい時。

鉄分が不足することで拍車がかかってしまうのです。

 

 

カフェインが含まれないたんぽぽ茶は妊婦さんに優しい

 

カフェインは少量なら問題ないのですが、実は多くの飲食物に含まれています。

 

コーヒー・紅茶・お茶・ココア・コーラ・チョコレート・栄養ドリンクなどに多く含まれています。

 

特に栄養ドリンクに含まれるカフェインは多量なケースがあるので要注意です。

 

そこで私たちがオススメしているのが、「たんぽぽ茶」です。

 

たんぽぽ茶は、定期的に「財団法人日本食品分析センター」他、第三者機関にて安全試験を実施しています。

 

「財団法人日本食品分析センター」にて、成分分析試験を行い『無水カフェイン』は検出されていないことが保証されています。

 

たんぽぽ茶は飲みやすく、コーヒーやお茶の代わりにうってつけで、カフェインを含まないため妊婦さんにも優しいお茶です。

 

ぜひ飲んでみてください。

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.