Blog

妊娠中に増えるむくみとたんぽぽ茶

更新日:

むくみの原因は運動不足

 

女性に多い悩みの一つに「むくみ」があります。

 

むくみは、体の中の水分が溜まって痛みを伴わずに腫れてしまうことです。

腫れている部分は水分なので、手で押すと容易に跡が付きます。

夕方になると靴がきつくなったり、靴下の跡がくっきり残るのはむくみの症状です。

 

ほとんどは一時的なものですが、稀に重篤な病気のサインということもありますので、慢性的なむくみに悩んでいる方は一度、病院に受診されることをオススメします。

 

一般的なむくみの原因は

・塩分の過剰摂取

・運動不足

・体重増加

・立ち仕事や座って長時間同じ姿勢で仕事をされる方

・衣服の締め付け

・ストレスや疲労

・血液の循環不足による冷え

・ホルモンバランスの乱れ

・自律神経のバランスの乱れ

 

などが挙げられます。

 

むくみの解消には運動がベターな選択肢でしょう。

 

運動をして筋肉を動かすことで、血液の循環を良くして足に水分がたまらないようにします。

 

妊娠中期〜後期に増えるむくみの原因とは?

 

また、女性特有のむくみとして妊娠中期〜後期にかけてのむくみがあります。

 

妊娠中のむくみは、一般的な原因で起こるむくみとは少し違う原因で起こります。

 

妊娠中は、赤ちゃんの分の水分も体に蓄えないと行けません。

 

体内の水分量が赤ちゃんの分、増えてしまうのです。

 

さらに、大きくなったお腹が血管を圧迫させてしまうことでむくみが生じることもあります。

 

食べづわりで水分を撮る量が増えたり、妊娠により運動する機会が減るといったことでむくみが起こりやすい状態になっていることも原因の一つでしょう。

 

妊娠中のむくみの解消法

 

妊娠中のむくみの解消法として以下の7つが挙げられます。

 

・リンパマッサージ

・むくみ解消ソックス

・適度な運動(ウォーキング)

・足湯

・温灸

・睡眠

・食事

 

7つの解消法を紹介しましたが、無理なく続けることが大切です。

ご自身にあったストレスを感じない方法を見つけていきましょう。

 

特にリンパマッサージは、オススメです。

運動不足から体内に老廃物が溜まりやすくなった時にリンパの詰まりをとって循環を良くするマッサージ。

足のむくみや首元のだるさを解消できます。

妊娠中はおなかの赤ちゃんに負担をかけないために腹部は避けてマッサージをしましょう。

リンパマッサージができない場合は、むくみ解消に効く専用の靴下もあります。

下半身を足湯や温灸を使って温めて血流を良くすることももむくみの解消につながります。

 

食事面では、たんぽぽ茶を飲むことがオススメです。

たんぽぽは西洋では「おねしょのハーブ」として知られるほど、利尿作用があると言われています。

 

中国や日本でもたんぽぽは蒲公英という漢方薬として、利尿・むくみなどに使用されていました。

 

体内の水分をおしっこで出すことは、むくみの改善に欠かせません。

 

また、たんぽぽ茶に使われるたんぽぽの「葉」は、体を温める生薬として古くから親しまれています。

しかし、ここでご注意いただきたいのは、たんぽぽの葉は体を温める生薬として古くから親しまれていますが、一方でたんぽぽの「根」は身体を冷やす生薬として知られていることです。

たんぽぽの「葉」でできたたんぽぽ茶を選ぶようにしてください。

 

身体を温めて血流を良くすることもむくみの改善につながります。

 

「たんぽぽ茶ショウキT-1」はカフェインが含まれておらず、妊娠中も出産後も安心してお飲み頂けます。

 

 

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.