Blog

暑い夏を乗り切ろう! 熱がこもる体を冷やしてくれる方法

更新日:

 

体の熱をコントロールできない熱中症は死に至ることもある怖い病気

 

今年も暑い季節がやってきました。

外に出れば照りつける太陽にあぶられ、エアコンの利いた室内に入ると最初は心地よくとも冷えに悩まされます。

外気と室内の気温差が激しいため、夏場は体力が消耗しがち。

しかも、日本の夏は蒸し暑いためなおさら気力、体力が奪われてしまいます。いわゆる「夏バテ」という状態ですね。

 

でも、夏の健康管理でもう一つ要注意があります。

そろそろニュースでも流れるようになった熱中症です。

熱中症とは外気温が高いときに起こりやすく、発汗などで体の中の熱を放出する働きが鈍くなる症状です。

意識がなくなったり、痙攣したり、ひどいときには死にも至る怖い病気です。

 

重症化するのは体力のない高齢者や小さなお子さんが多いのですが、熱中症は熱のコントロールができなく病気ですから、だれにでも起こり得えます。

そのため高齢者やお子さんだけでなく、免疫力や抵抗力が衰えがちな妊娠中の女性、体調管理が大事な妊活中の女性にとっても上手に夏場を乗り切る工夫が必要になってきます。

 

こまめな水分補給と旬の夏野菜を取り入れ体の熱を外に出す工夫を

 

夏場の健康管理で大事なのは、体の中に熱をためないこと。

つまり暑さ対策ですね。

暑さ対策といっても、エアコンを上手に使えばいいというものではありません。

エアコンで冷やし過ぎるのも体に負担がかかり、新陳代謝が衰えてしまい、かえって熱のコントロールができなくなってしまいます。

 

そこでまず気をつけたいのが、水分補給です。

水分をとって汗をかくようにしてください

汗をかかないと体の中には熱ばかりか、老廃物もたまるようになり、ますます健康リスクが高まってしまいます。

発汗は体温を下げ、身体にたまった不純物を出してくれる働きがあります。

こまめに水分を補給し、汗によって体の熱を外に出すようにしましょう。

 

もう一つは、食事にも気を配ることです。

トマト、キュウリ、ナス、ゴーヤーなどは体を冷やしてくれる夏野菜です。

夏野菜がどうして体の熱を逃がしてくれるのかというと、利尿作用のあるカリウムがたくさん含まれているからです。

夏野菜は体を冷やし、冬野菜は体を温めてくれるもの。

つまり旬の野菜をたくさん取り入れることが食生活の留意点になりますね。

 

でも、夏場になると食欲が落ちてしまうという女性も多いのでは? そんな方にオススメなのが、たんぽぽ茶ショウキT−1です。

 

利尿効果で老廃物を外に出してくれるたんぽぽ茶ショウキT-1は夏を乗り切る強い味方

 

たんぽぽ茶ショウキT-1は、暑い夏の乗り切るための強い味方です。

なぜかというと、たんぽぽ茶ショウキT-1を取り入れることで、水分補給から老廃物を排泄する解毒作用、利尿効果などいくつもの暑さ対策できるからです。

しかもリラックス効果やエアコンで冷えた体を温めてくれる働きもあります。

ノンカフェインのため、妊娠中や妊活中の女性も安心して飲むことができるのもうれしいポイントですね。

 

この時期、体の中に熱をためないよう外に逃がすことが大事になってきますが、東洋医学では夏場は尿をたくさん出すことが養生につながるという考えがあります。

身体の上の水は汗で、身体の中と下の水は尿で出すというものです。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1は毛細血管を広げ、水の通路を掃除して尿を出してくれるといわれています。

尿が出やすくなることで老廃物も外に出すことができますので、体の負担を軽くし早く回復するためのお手伝いをしてくれるというわけです。

 

関連記事:妊娠中に増えるむくみとたんぽぽ茶

 

そしてもう一つ、たんぽぽ茶ショウキT-1をオススメしたい理由が、自律神経のバランスを整えてくれることです。

暑い夏は寝苦しい夜が続きます。

リラックス効果のあるたんぽぽ茶ショウキT-1は不眠もケアしてくれますので、体調管理のむずかしい夏場を乗り切るための強い味方になってくれるはずです。

 

たんぽぽ茶が気になる方はこちら

たんぽぽ茶ショウキT-1とは?

 

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.