main

たんぽぽ茶は花粉症やアトピーのアレルギー症状の救世主⁉︎

更新日:

花粉症は花粉とIgE抗体が反応して起こる免疫機能の異常

 

花粉症の季節がやってきました。

 

鼻水やくしゃみ、目の痒みで苦しんでいる方が多くいます。

辛い症状を少しでも緩和させようとお薬やサプリメントを飲んだり、室内では空気清浄機を使って花粉を減らそうとがんばっているご家庭もあると思います。

春先のこの時季、花粉症の原因になるのがスギとヒノキによる花粉です。

実は花粉症の原因物質になるのはスギやヒノキだけではありません。

イネやハンノキ、ブタクサなどたくさんあり、人によっては一年を通じて悩んでいる方もいます。

 

どうして花粉症になるのかというと、簡単にいえば免疫機能の過剰反応になります。

本来、私たちの体は細菌やウイルスなどの外敵が侵入すると、それらをやっつけるための免疫細胞が動き出し、抗体というものを作り出します。

風疹やインフルエンザの予防注射がわかりやすい例です。

予防接種は、毒性の弱い病原体や死んだり悪さをしない病原体を投与することで体の免疫細胞に抗体を作らせます。

風疹やインフルエンザの抗体を作ることで、ウイルスに感染し発症しないようにするわけです。

 

花粉は本来、身体に害のないものです。

しかし花粉を異物と判断し、一度抗体ができてしまうと常に「外敵」と判断して免疫機能が働き、目の痒みやくしゃみ、鼻水などの症状が出ることになります。

抗体にはいつくかの種類がありますが、花粉症に関わっているのがIgEという抗体です。

 

花粉症のお薬で「抗ヒスタミン薬」があります。

ヒスタミンとは痒みやくしゃみの原因になる物質で、IgE抗体が花粉と反応すると放出されます。

つまりヒスタミンが痒みやくしゃみ、鼻水を引き起こすため、抗ヒスタミン薬を服用することになるのです。

 

赤ちゃんにも起こるアレルギー関連の病気

 

赤ちゃんが生まれるとき、誰もが五体満足で生まれて欲しいと願うはずです。

でも、初めての赤ちゃんを授かったとき、もう一つ気になることがありました。

 

「アトピー性皮膚炎とか大丈夫だろうか……」と、心配になったものです。

 

アトピーも花粉症もアレルギー性疾患に数えられるものです。

アレルギー性疾患は現代病といわれています。

大人であっても、いまはアトピーや花粉症でないのに突然発症することもあるそうです。

赤ちゃんの場合だとアトピー以外にもやはりIgEが関係する小児喘息も気になります。

そうなると抗ヒスタミン薬やステロイド薬を使うことになるのですが、いずれも対症療法でしかありません。

アレルギー性疾患に悩んだら、上手に薬を使いつつ、また生活習慣にも気を配りながら根気よく体質を変えていくしかないようです。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1はIgE抗体を下げて細胞間の伝達を正常化

 

そんなときに強い味方になってくれるのが、たんぽぽ茶であると思っています。

たんぽぽ茶には、IgEを調整する働きがあることがわかっているからです。

また、たんぽぽの葉から作られるたんぽぽ茶ショウキT-1には、細胞と細胞の伝達を正常化する糖鎖というものが含まれています。

これが異常な働きをする免疫機能が正常に働くのを助けてくれるといわれています。

 

そしてなによりも、たんぽぽ茶ショウキT-1はお薬のような副作用の心配はありません。

毎日飲んでも安心です。

アレルギー性疾患を治すには長い期間がかかりますが、たんぽぽ茶ショウキT-1は心強いサポーターになってくれるはずです。

-main

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.