main

根本的な治療がないアトピー性皮膚炎にたんぽぽ茶が役立つ⁉︎

更新日:

根本的な治療がないアトピー性皮膚炎

 

先日、「たんぽぽ茶は花粉症やアトピーのアレルギー症状の救世主⁉︎」の記事で花粉症についてお伝えし、花粉症はアレルギー症状の一つであると説明しました。

 

花粉症は免疫系の疾患なんです。

 

さらに、免疫系の疾患で難治なのがアトピー性皮膚炎です。

 

主な症状は、乾燥による皮膚のかゆみです。また、皮膚が赤くブツブツができたりすることでコンプレックスを抱えている患者さんも数多くいます。

 

アトピー性皮膚炎は重症になると皮膚のかゆみや痛みで夜も眠れなくなるほどです。

 

根本的な治療がないと言われている病気で、難治な疾患の一つといえるでしょう。

 

今回は、アトピー性皮膚炎についてご説明したいと思います。

 

対処療法の西洋医学のアトピー治療

 

日本では、アトピーの患者さんに対して西洋医学的な治療を行うのが主流になっています。

 

また、医師によっては東洋医学的な治療をされることもありますが、まだ少数派といえるでしょう。

 

西洋医学的な治療は、対処療法が基本となります。

痒みを出す物質であるヒスタミンを抑える抗ヒスタミン剤や抗プラスミン剤や副腎皮質ホルモン剤を内服、ステロイドなどの症状を抑える治療が主軸となります。

 

しかし、薬を使用して症状を抑えている状態のため、根本的な解決にはなりません。

そのため、症状が再発しやすいという危険性があります。

また、自ら副腎皮質ホルモンを作る力が弱まるため薬の量が増える可能性もあります。

薬を使用しているため、副作用も懸念されます。

 

症状を緩和させるためには、西洋医学的な治療は有効ですが、それだけに頼らない根本的な治療も考えていく必要があります。

 

東洋医学のアトピー治療の考え方とは

 

一方、東洋医学からみたアトピーは、環境ホルモンの影響や食生活の変化や湿(余分な水分)が溜まりやすい環境などが相まって起こっていると考えます。

環境ホルモンの影響:以前よりも身体に対して有害なものが身体に溜まるようになりました。

食生活の変化:流通の発達や製造技術の発展によってその土地でできたもの以外の食べ物もいつでもどこでも食べることができるようになりました。

本来、身体はその土地で取れるものに合わせた身体になっています。

そのため身体が対応できないため、身体にとって有害なものを外に出すことが大切です。

環境:日本は湿が溜まりやすい環境です。

日本は周りが海に囲まれているため、余分な水分が身体に溜まりやすく、不要な水分が身体に溜まることを、東洋医学では湿が溜まるといいます。

つまり、身体に有害な物を解毒して外に出す。湿を取り除くということが大切になるのです。

 

アトピー改善のためには

  • 空気がきれない自然豊かな場所にいく
  • 運動やお風呂などで汗をしっかりかく
  • 食生活を見直す

などの対策をしていく必要があります。

 

また、体内の湿を取り除くのにデトックス作用のあるたんぽぽ茶がオススメです。

 

たんぽぽの葉を使ったたんぽぽ茶なら、身体を温めて汗をかきやすい身体にしてれくれます。

 

アトピー患者さんは、おしっこがでにくい、汗をかきにくいといったことがよく見られます。

たんぽぽ茶はそこをカバーしてくれる可能性があります。

 

症状が出てつらいという人は、まずは症状を抑えることが不可欠です。

身体の中から助けてくれるたんぽぽ茶のデトックスで薬に副作用を軽減させることにも期待できます。

また、「財団法人日本食品分析センター」他、第三者機関にて安全試験を行っているため、食事に気をつけているアトピーの患者さんでも安心・安全なお茶です。

 

-main

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.