main

高齢出産と子供の発達障害リスク

更新日:

 

 

老化した卵子を若返らせてくれるタンポポT-1

 

このところ、耳を塞ぎたくようなニュースが続いていました。

障害者の方々が旧優生保護法によって、ご本人が知らない間に不妊手術を受けさせられていたというものです。

 

優生保護という名のもとに行われた、国そして医学界を含めた悪逆非道であると思わざるを得ません。

もうずいぶんとお年を召した被害者の回想をテレビで観たとき、わがことのように胸が痛くなりました。

 

インタビューに答えた被害者の女性は、たしか中学生のころだったとおっしゃっていました。

理由もわからずに病院に連れていかれ、理由も知らされずに手術されたと……。

 

また一方で、高齢出産で生まれてくる子供は自閉症をはじめとする発達障害などのリスクが若いお母さんよりも高くなる可能性があると聞いたことがある方もいるかと思います。

 

原因には卵子の老化があるとのことです。

40歳を過ぎての出産を経験した方は、もしかしたらと思い悩んだことがあるかもしれません。

 

生まれてきてくれる赤ちゃんは健康でいて欲しいと願うのは親心として当然のことでしょう。

そのために少しでも元気な卵子にしたいと思うことは自然なことです。

 

卵子の周りには、たくさんの顆粒膜細胞と呼ばれる細胞がくっついていて、それが栄養を卵子に提供しているといわれています。

しかし年齢が高くなるにつれて顆粒膜細胞は少なくなり、卵子の育ちが悪くなってしまうことがあります。

質の低い卵子が多くなりやすくなるのです。

 

これを防ぐためにまず気をつけていただきたいのが生活習慣の見直しです。

細胞を劣化させてしまう活性酸素を減らすための生活を心がけることが大事になります

 

特にストレスや睡眠不足は血流を悪化させたり、細胞を傷つける活性酸素を増やす大きな要因です。

また、ホルモンバランスを悪化させることにもつながります。

女性はホルモンの影響を非常に受けやすいです。

それは卵子にとっても同じ。

生活習慣を見直して卵子の若返りを目指しましょう。

 

また、食事も重要なポイントです。

活性酸素を除去する代表的なビタミンAをはじめビタミンEやビタミンC、カロテンやカテキン、ポリフェノール類などを食べるようにしてください。

 

また、近年たんぽぽ茶に含まれるタンポポT-1という成分が、女性ホルモンの受容体を増やすのでは?という意見が支持されはじめ、研究が進められています。

つまり卵子や卵巣を元気にしたり、育ちを良くしてくれたりする女性ホルモンを取り込めるようになるとのことで、それが卵子の若返りにつながるというわけです。

 

赤ちゃんのためにやれることはなんでもやりたい!と思っている方は大勢いるかと思います。

しかし、様々な情報があふれている現在、正しい情報を取捨選択するようにしてください。

その判断のひとつが安全なのか、ということです。

そして医学的に研究がされているのか、という点も判断基準になるかと思います。

 

たんぽぽ茶は不妊に悩んでいる女性をサポートしてくれる強い味方です。

また、30歳の後半になって子供を授かりたいと思っている女性にとっては、これから生まれてくる赤ちゃんがなんの憂いもなく、健やかに成長できるようにお手伝いしてくれるものではないかと思います。

-main

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.