main

身体に負担のかかる不妊治療〜負担のないたんぽぽ茶〜

更新日:

6組に1組は不妊に悩む

 

日本人夫婦の6組に1組は、不妊で悩んでいると言われています。

割合にすると約16%ほどで、決して珍しい話ではなくなってきました。

しかし、赤ちゃんが欲しいと願う夫婦にとっては、数字など気になりません。

ただ赤ちゃんが授かって欲しいと切実に思っていることでしょう。

 

不妊の原因となるには、男性側の問題、女性側の問題、どちらともの問題の3パターンがあります。

原因によって、治療法が異なります。

そのため、専門家に話を聞くと「まずは病院にきて診察を受けてほしい」と答えることがほとんどです。

 

不妊治療の第一選択のタイミング法

 

不妊治療で行われる方法としてはいくつかありますが、一般的にまず行うのが「タイミング法」です。

 

タイミング法は排卵日を正確に把握し、その日に夫婦の営みをしてもらうように促す方法です。

排卵日を把握するためには、基礎体温の計測や排卵検査薬を使用したり、超音波検査をすることで確認しています。

正確な排卵日を知りたい方は病院で検査を受けることで分かりますので、受診されることをおすすめします。

また、受診回数は3回ほどで終わることがほとんどです。

一回の受診料は4000円ほど。

身体・金額ともに負担が少ない方法の一つでしょう。

 

次の選択肢として「人工授精」と「体外受精」です。

 

人工授精は、簡単に言うと精子を子宮内に注入することです。

以前は精液をそのまま注入していたこともありましたが、いまでは精液のなかから健康的な精子のみを抽出し子宮に注入する方法が一般的になっています。

金額は2〜3万円ほどになります。

身体・金額ともにタイミング法よりは負担が大きくなりますが、男性不妊の場合でも有効な方法の一つでしょう。

 

最後に体外受精ですが、採卵手術により排卵前に体内から取り出した卵子と精子の受精を体外で行う治療法です。

受精が正常に起こり細胞分裂を順調に繰り返して発育した良好胚を体内に移植すると妊娠率がより高くなり、一般的には2-5日間の体外培養後に可能な限り良好な胚を選んで腟の方から子宮内に胚移植します。

 

金額も一回の治療で30万円前後と高額になります。

また、身体への負担もあります。

 

体外受精に挑戦したという人の中には、何年かやっていたが胚がうまく育たずに中々成功しないという声もあります。

 

身体に負担のないたんぽぽ茶

 

これらの不妊治療をされている方や検討をされている方におすすめなのが、たんぽぽ茶ショウキT-1です。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1は、たんぽぽの葉から抽出されたお茶です。

たんぽぽの葉は古くから漢方で身体を温める働きがあると知られてきました。

 

また、医学的な研究が進められており、不妊治療に対しての研究が進められ、論文も発表されています。

さらに臨床的な研究結果が期待されています。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1の魅力を付け加えるとするならば、安心・安全でノンカフェインで身体に負担をかけることはありません。

また、古くから漢方などで使われてきた歴史があります。

不妊治療をしていると、何が身体に良くて、何が身体に悪いということばかり考えてしまう方もいます。

そんな方にとって、たんぽぽ茶ショウキT-1は心から安心して飲めるお茶だといえるでしょう。

-main

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.