Blog

たんぽぽ茶ショウキT−1〜出産費用の経済的負担を軽くする充実の社会保障制度〜

更新日:

 

たんぽぽ茶で妊娠しやすい体づくりのあとは
出産時にかかるお金のストレスを減らしましょう

 

たんぽぽ茶ショウキT-1は、妊娠しやすい体作りのお手伝いをしてくれます。

ホルモンを調整したり、血流を促進したり、体の中にたまった老廃物を排泄したりすることで、受精するための環境を整えてくれるといわれています。

さらに、人間が活動するためのエネルギーを生み出すミトコンドリアの活性化により、卵子の若さと元気を保ち受精しやすくしてくれます。

 

またノンカフェイン飲料のため、これからますます暑くなる夏には安心して水分補給もできます。

たんぽぽ茶ショウキT-1は体を温めてくれますので、エアコンによる夏場の冷え性対策にもぴったりです。

 

妊活中あるいは妊娠中の女性にとって、たんぽぽ茶ショウキT-1は健康を維持し、元気な赤ちゃんを授かるための強い味方になってくれます。

体の健康はたんぽぽ茶ショウキT-1にまかせて、今回は目線をちょっと先に向けてみましょう。

 

不妊治療にもお金がかかりますが、出産時も当然のことお金が必要になってきます。

経済的な負担は心のストレスにもなり得ますので、そのあたりについてのお得情報をお届けします。

 

出産費用の平均は40万円から50万円
でも出産育児一時金や助成金でまかなえます

 

赤ちゃんを産むときの出産費用や入院費用がどれくらいかかるかご存知でしょうか?

お住まいの市町村、病院や分娩方法によって異なりますが、平均すると40万円から50万円といわれています。

地方では30万円程度で済む場合もありますが、東京など都市圏では50万円から70万円と全国平均よりも高額になるケースが多いようです。

 

でも出産時にお金の心配はいりません。

なぜかというと、国民保険や社会保険など健康保険の種類に関係なく、被保険者および被扶養者が出産すると健康保険から「出産育児一時金」というものが支払われるからです。

 

一児につき42万円(多産時の場合は人数分)が支給されますので、ほぼ出産費用がまかなえるということになります。

しかし都市部に住んでいたりすると費用がもっと増えてしまうケースがあります。

その場合はお住まいの自治体に問い合わせしてみてください。

 

たとえば東京都港区の場合、「出産費用の助成」制度があります。

上限額60万円となっており、実際にかかった費用と出産育児一時金42万円の差額分を助成してもらうことができます。

 

つまり、こうした公的制度を活用することで、出産費用はほとんどかからないというわけです。

 

42万円の出産一時金のほかにも出産と
育児を支援する制度がたくさんあります

 

ただし、出産育児一時金や自治体の助成金は出産後に支払われるため、病院によっては建て替えなければならないケースもあります。

その場合には病院に一時金が支払われる「出産一時金直接支払制度」があります。

この場合はかかった費用の差額分だけを支払えば済むことになります。

 

あるいは「出産費用資金貸付制度」というものがあります。

 

これは健康保険に加入者ならびにその配偶者が受け取れるもので、出産育児一時金42万円の9割にあたる37万8000円まで無利子で借りることができるという制度です。

 

また、帝王切開など普通分娩以外の医療費がかかる場合は高額医療費を申請できます。

出産前に帝王切開であることがあらかじめわかっていて、なおかつ費用を建て替えなければならない状況では、健康保険の支部に「限定額適応認定証」を申請すれば建て替え金額を抑えることもできます。

 

このほかにも自治体によっては、妊娠中に誕生準備手当を支給してくれるところもあります。

出産後には、「育児休業給付金」や「出産手当金」などが健康保険から支給されることもあります。

 

日本は経済的負担を心配しないで出産できる社会保障制度が充実していますので、病院やお住まいの自治体に問い合わせてみてください。

 

 

たんぽぽ茶が気になる方はこちら

たんぽぽ茶ショウキT-1とは?

 

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.