Blog

「たんぽぽ茶」で記録的な猛暑を乗り切ろう!

更新日:

熱中症のリスクが高い妊活中や妊婦さん
「たんぽぽ茶」で水分補給し予防対策しましょう

 

各地で続いている記録的な猛暑。

観測史上最高気温を記録した地域も多く、ニュースでは連日のように「熱中症」のことが報道されています。

そのため熱中症について解説するテレビ番組も多くなっていますが、高齢者やお子さんに対する注意喚起はあっても、妊活中や妊娠中の女性への呼びかけはあまりありません。

 

そこで熱中症と妊娠について、いろいろと調べてみました。

「あっ!」と驚いてしまったのは、妊娠中の女性は一般の人よりも熱中症リスクが高いということです。

しかも、重症化しやすいとのこと……

 

どうしてかというと、妊娠中の女性は基礎代謝が上がるため、体温も高くなります。

人間は高くなった体温を下げるために汗をかきますが、通常時よりも体温の高い妊婦さんはそれだけ大量に汗をかくということです。

すると体内の水分が減って脱水症状になり、熱中症を引き起こすといわれています。

 

また、妊婦さんは血液を通してお腹の赤ちゃんに栄養や酸素を届けています。

いつもより多くの水分を必要とするのに大量に汗をかけば、慢性的な水分不足になってしまいます。

水分が減ると血液の量も減り、血圧が低下して赤ちゃんに必要な栄養や酸素を届けにくくなります。

 

一方、妊活中の女性にとっても、この水分不足は深刻な問題です。

子宮や卵巣などに栄養を運ぶのは血液です。

しかし水分が不足すると血流が悪くなり、必要なところに栄養が行き届かないばかりか、体の中に老廃物がたまり妊娠しにくくなってしまいます。

 

猛暑や熱中症と不妊は関係ないと思われているかもしれませんが、暑い夏は妊活中そして妊婦さんにとっても要注意の季節なのです。

 

 

真夏の水分補給の勘違い
水だけでは熱中症が悪化するケースも

 

 

ここで簡単に熱中症について触れてみます。

 

熱中症とは、高温多湿の環境に適応できないことで起こるさまざまな症状の総称になります。

 

その種類には、主に次のようなものがあります。

  • 熱失神:めまい、顔のほてり、脈が早くなり弱ってくる、一時的な失神
  • 熱けいれん:筋肉のこむら返り、筋肉痛
  • 熱疲労:全身の倦怠感、嘔吐や胸のむかつき、頭痛、集中力や判断力の低下
  • 熱射病:意識障害、高体温、ふらつき

 

初期症状で多いのが、めまいや立ちくらみ、ほてりなどの熱失神です。

どうして熱中症になるのかというと、私たちの身体は体温が上昇すると、汗をかいたり、血管を広げたりして体内の熱を逃がそうとします。

汗をかけば体の水分が不足し、血液の量も減ってきます。

さらに血液が減ると血圧が低くなり、脳への血流が滞り、めまいなどの症状を引き起こすのです。

 

そのため、高温多湿の環境でめまいや立ちくらみを覚えたら、熱中症を疑い迅速な対応を取ることが大事になってきます。

 

まず安全で涼しい場所体を休め、冷やすことが対処法の基本になります。

さらに氷嚢や冷えたペットボトル、濡らしたタオルやハンカチを首筋や腋の下など、太い血管が通っている場所に当てること体にたまった熱を出す工夫をしてください。

 

そして大事なのが水分補給です。しかし、この水分補給を勘違いしている人も多いようです。

 

ミネラルたっぷりのたんぽぽ茶
ノンカフェインで安心して水分補給

 

水分補給というと、水を飲めばいいと思うかもしれません。

しかしそれは誤りです。

水だけ飲んでいても熱中症にかかりますし、かえって重症化するケースもあるそうです。

 

なぜかというと、水だけを補給していると血液中の塩分やミネラル濃度が低くなるからです。

そのうえで汗をかくと、ただでさえ少なくなった体内の塩分やミネラルが汗と一緒に流れ出してしまいます。

 

こまめに水分補給しているのに熱中症になったという例は、こうした誤った水分補給に多いともいわれています。

 

では、どのように水分補給すればいいかですが、スポーツドリンクや0・1〜0・2%濃度の食塩水(1リットルあたり1〜2gの塩分)を取るのが一般的です。

しかし妊活中や妊婦さんの体は一般の人よりもずっとデリケートです。

 

そこでおすすめなのが、たんぽぽ茶です。

たんぽぽ茶にはたくさんのミネラルが含まれていますので、安心して水分補給できる飲み物です。

しかもカフェインが入っていないことも見逃せないポイントになります。

 

なぜかというと、カフェイン入りの清涼飲料水は必要な水分まで外に出す働きがあるため、適切な水分補給に向かないからです。

 

冷やしたたんぽぽ茶でこまめに水分補給。

エアコンで体が冷えすぎたと思ったら、ホットのたんぽぽ茶で体をあたためる。

妊活中そして妊婦さんにとって、たんぽぽ茶は猛暑を乗り切る強い味方になってくれるはずです。

 

 

たんぽぽ茶が気になる方はこちら

たんぽぽ茶ショウキT-1とは?

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.