Blog

「たんぽぽ茶ショウキT-1」をオススメする理由

更新日:

契約農家における無農薬でのたんぽぽ栽培から医薬品の製造と
品質管理基準を満たした自社工場で製造する徹底した安全管理

 

「たんぽぽ茶」は、昔から健康にいいお茶として知られています。

特に妊娠中が授乳期のお母さん、妊活中の女性にとっても元気ですこやかな赤ちゃんが授かるお手伝いをしてくれるお茶とされてきました。

 

たんぽぽ茶に関する本やインターネットで調べてみると、たくさんの有効成分が含まれていることや、医学的な裏付けがしっかりしていることがわかります。

ただ、医学的な根拠を「エビデンス」というらしいですが、理系が苦手な女性にはちょっとわかりにくいかもしれませんね。

 

でも、「たんぽぽ」という植物は、ずっと昔から女性の健康を守ってきたことはまちがいありません。

こういうのを伝統医学とか伝承医学とかいうらしいです。

ちょうど、「おばあちゃんの知恵袋」みたいなものでしょうか。

 

そのうえで、いろいろあるたんぽぽ商品の中から、どれを選べばいいのかを考えたとき、医学のことが詳しくなくても判断できるのが、安全面のことです。

 

なぜかというと、たんぽぽ商品は口に入れるものです。

しかも妊活や妊娠中、あるいは子育ての授乳期にぜひ取り入れたい食品です。

そうすると効能効果はもちろんですが、「安全性」というのがなによりも大事になってきます。

 

私が「たんぽぽ茶ショウキT-1」をオススメしたい一番の理由は、この安全性にあります。

 

雑草取りはすべて手作業の手間暇かけて
完全無農薬のたんぽぽ原料を栽培

 

たんぽぽ茶ショウキT-1の原料は、中国の河北省にある契約農家で栽培されたたんぽぽを原料にしています。

聞いたところによれば、除草剤は一切使わずに雑草取りはすべて手作業とのこと。

こうした手間暇かけての栽培は、完全無農薬を実現するためなんだそうです。

 

農薬の問題は妊活や妊娠中の女性にかぎらず、一般の方たちにも広く知られるところ。

ですから、「無農薬の商品なんて常識」と思われるかもしれません。

しかし、たんぽぽ茶ショウキT-1は、完全無農薬のたんぽぽ原料を使っているだけではありません。

 

赤ちゃんからお年寄りまでだれもが安心して飲めるよう、添加物を一切使わない製法で完全無添加も実現しています。

もちろん、添加物の問題も妊活や妊娠中の女性であればご存知かと思います。

 

そしてもうひとつ、見逃せない安全性へのこだわりが、たんぽぽ茶ショウキT-1は「GMP基準」の自社工場で作られていることです。

 

GMP基準というむずかしい単語が出てきましたが、わかりやすく説明すれば、「お薬を作ることができる工場ですよ」ということ。

それだけ製造技術や品質管理がしっかりしているという、とても厳しい基準をクリアした工場でたんぽぽ茶ショウキT-1は作られているということです。

 

トレーサビリティの確立で原料から製造
消費者の手元に届くまでの履歴がわかる

 

ただし、GMP基準の工場で製造されるサプリメントもここ最近は増えてきています。

健康志向の高い方たちにとっては、こうした安全基準を満たすことは常識になってきているのかもしれません。

 

しかし、たんぽぽ茶ショウキT-1の安全性は、もう一段階上のレベルにあるのではないかと思っています。

 

それはトレーサビリティがしっかりしていることです。

 

またむずかしい単語が出てきましたが、「トレーサビリティ」とは日本語に訳すと「追跡可能性」というらしいです。

これは流通用語のひとつで、原材料の生産から商品の製造、最終消費や廃棄までを追跡できる仕組みができているかどうかというものです。

 

食品業界においては、BSE問題などをきっかけにトレーサビリティの確立がすすみましたが、サプリメントや健康食品といわれる商品については、まだ十分ではないという声もあるようです。

 

そうした状況のなか、たんぽぽ茶ショウキT-1はしっかりとしたトレーサビリティを確立しています。

 

一口に安全性といっても、原料や製造方法に問題はないかどうかなど、見るべきポイントはたくさんあります。

ですが、たんぽぽ茶ショウキT-1は、すべての安全項目を満たして作られた商品ということができます。

だからこそ、数あるたんぽぽ商品の中でも、安全性を徹底的に追及したたんぽぽ茶ショウキT-1をオススメしたいのです。

 

 

たんぽぽ茶が気になる方はこちら

たんぽぽ茶ショウキT-1とは?

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.