Blog

たんぽぽ茶ショウキT−1に含まれる糖鎖に注目!認知症のご相談増えております

更新日:

500万人もいる認知症 帰省で発覚することも

 

お盆休みの際に帰省をされた方も少なくないかと思います。

 

帰省したときに親と会う事で発覚する病気があります。

それは認知症です。

 

帰省したときに親の様子が今までと違うことで気づき、検査をしてみると認知症だったということが判明するケースがあります。

 

超高齢社会になった日本では、認知症患者が500万人いるといわれています。

また、2050年には800万人以上になると考えられいます。

高齢化がすすむ日本では深刻な問題になっている病気なのです。

 

認知症と一口でいってもいくつか種類があります。

その中でも最も患者数が多いのがアルツハイマー型認知症です。

 

アルツハイマー型認知症は、アミロイドβと呼ばれるたんぱく質が脳に蓄積することで発症します。

 

アミロイドβが脳に蓄積する原因は研究が進められていますが、その一つに糖鎖が影響しているといわれています。

 

糖鎖は簡単に説明すると結合した糖のことを指します。

 

脳内の情報伝達に欠かせない糖鎖

 

糖鎖は様々な働きをします。

特に脳の発育に欠かせないと考えられています。

さらに脳内の情報伝達に必要な物質です。

 

この糖鎖が認知症の発症から症状の予防にまで影響していると研究が進められています。

 

特に糖鎖が不足することは、脳内の情報伝達が遅くなったり、うまく伝達できなくなったりと、認知症の症状が悪化する可能性があるのです。

 

認知症の予防や改善には良質な糖鎖を補うことで、脳内の情報伝達をスムーズにさせることが必要になるのです。

 

たんぽぽ茶ショウキT−1は希少な糖鎖が豊富

 

良質な糖鎖を豊富に含んでいる飲み物としてご紹介したいのが「たんぽぽ茶ショウキT−1」です。

 

たんぽぽ茶ショウキT−1には糖鎖T-1と呼ばれる希少糖の一種が含まれています。

タンポポのパワーの源で、分子量が600以下の糖鎖です。

分子量が小さいということは、それだけ体内に吸収されやすくなります。

 

糖鎖T-1は、良質なタンポポの葉50kgからたった1gしか取れないとても貴重な成分。

それが豊富に含まれているのが、たんぽぽ茶ショウキT−1なのです。

 

また、たんぽぽ茶ショウキT−1がおすすめな理由はほかにもあります。

 

認知症を発症する多くは高齢者です。

年齢を重ねると身体に不安な箇所が出てきてきたら、なにかしらの疾患を抱えているという方も少なくないかと思います。

 

たんぽぽ茶ショウキT−1は、コレステロールや血糖値を安定の一助になり腎臓や肝臓に不安を抱えている人でも安心して飲めるのです。

 

また、第三者機関でその安全性が証明されています。

カフェインも含まれていないので、高齢者に多い不眠症にも配慮しているのです。

 

事実、認知症にいいのでは?とご家族の方からご相談を受けることが増えております。

 

脳と身体の健康のためにもたんぽぽ茶ショウキT−1を一度試されてはいかがでしょうか。

 

 

たんぽぽ茶が気になる方はこちら

たんぽぽ茶ショウキT-1とは?

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.