Blog

タンポポ茶ショウキT-1と十全大補湯で夏の体調管理

更新日:

尿の出を良くして痰湿を排出すること免疫力を高めてくれることが大事

 

 

令和という新しい時代の初めての夏。

今年の7月は全国的に天候不順が続き、日照時間も短く、梅雨明けの遅れが目立っていました。

これからの8月の天候が気になるところですが、いずれにしても夏場はエアコンを使うため室内外の気温差が大きくなり、さらに台風の時期に入りますから、蒸し暑さや気圧の変化に悩まされることになります。

 

気温、湿度、気圧の変化が大きくなると体の中が詰まりやすくなり、思いもしない体調の不具合が起こることもあるそうです。

普段は気にならないのに腰やひざに痛みが出ることもあります。

イライラして落ち着かないといったストレスに悩まされるかもしれません。

 

こうした負の積み重ねが体の免疫力を落とし、夏バテとなってますます体の調子を崩してしまうことになるのです。そのため、夏場の体調管理はとても大事になってきます。

 

痰湿を素早く体外に排出して体の負担を減らす

 

夏の季節の体調管理で留意しなければならないのが、冷たいものをとり過ぎないことです。暑い季節になるとアイスクリームやジュースをとりたくなるのは仕方ないかもしれません。

しかし、冷たいものをとり過ぎると、体の中に病気の原因となる悪い物質「痰湿」がたまってしまいます。この痰湿を素早く体外に出してあげて、体の負担を減らしてあげることが大事になってきます。

 

痰湿を減らすことで体の回復が早くなりますので、夏場の体調管理の基本といえるかもしれません。しかし、夏は体にたまった悪い物質を排出してくれる尿が出にくい時期でもあります。

 

そこで尿を出すお手伝いをしてくれるのが、タンポポ茶ショウキT-1です。

タンポポ茶ショウキT-1には、毛細血管を広げて血流を良くし、体の中にたまった悪いものを尿として出す働きがあるといわれています。

 

わかりやすくたとえれば、体の中を通る水の通路を掃除し、尿を出やすくしてくれるわけです。

 

タンポポの利尿作用は昔から知られており、フランス語では「ベッドの中のおしっこ」を意味するpissenlit(ピサンリ)というそうです。

 

夏場の体調管理は、タンポポ茶ショウキT-1で痰湿を体外に出すこと。これが暑い季節の養生につながりそうですね。

 

体の表面がゆるんでいると邪気が入ってくる

 

そのうえで考えたいのが、これからの夏バテ対策です。

タンポポ茶ショウキT-1で尿をたくさん出しての体調管理を基本にしながら、もう一つ加えたいのが温灸です。

 

意外と思われるかもしれませんが、昔の人は夏場の疲れをとるため温灸をして体力の回復に努めたといわれています。しかも、おへそにある「神闕(しんけつ)」というツボへの温灸は、尿の出を助けることにもつながります。

 

タンポポ茶ショウキT-1と温灸の相乗効果が期待できそうです。

 

また、夏バテで衰えた免疫力を高めるお手伝いをしてくれるのが、漢方薬の「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」です。

 

十全大補湯に入っているのが、桂皮(けいひ:シナモン)と黄耆(オウギ)です。

桂皮は血液の流れを良くして、エアコンで冷えた体を温めてくれます。

黄耆には汗を止める働きがあり、こちらも夏バテ対策にぴったりです。

というのも、夏バテの時期は暑さで体の表面がゆるみ、汗をかきやすくなるからです。

 

汗をかくことはいいことなのですが、体の表面がゆるんでいると朝晩の気温が落ちたときでも開いたままになりがちです。

すると、閉じていなければならない体の表面から邪気が入ってきて、風邪をひいてしまうこともあるといわれています。

汗を止める黄耆にはそれを防いでくれる働きがあるのです。

 

ちなみに、黄耆は不妊治療によるのぼせで汗が出る方にも適した漢方薬ともいわれています。

ただし、漢方薬は体質に合ったものを使わないと百害あって一利なしです。必ず専門家に判断してもらい、正しい利用を心がけることが大事です。

 

 

-Blog
-

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.