Blog

体外受精に成功率をさげる空砲とその対策とは

更新日:

浸透してきた体外受精

 

不妊治療で選択される治療法の一つに体外受精があります。

 

体外受精は、手術によって排卵前に取り出した卵子と男性から採取した精子とを体外で受精をさせる治療です。

受精後に細胞分裂を順調に繰り返して成長した胚を膣から子宮内に移植します。

確実に受精させることができ、良好な状態の胚を選ぶことで妊娠率を高めることができる方法です。

 

2016年には、年間で44万7790件の体外受精が行われました。

そのうち、5万4110人の赤ちゃんが生まれました。

これは、2016年の総出生数が97万6978人で、18人に1人が体外受精で生まれています。

 

2000年には97人に1人だったことを考えると、体外受精は浸透し、また、不妊治療で選択しやすくなってきたといえるでしょう。

 

体外受精の成功率を下げる空砲とは

 

一方で、体外受精は成功率がまだ高くない治療法でもあります。

体外受精が失敗する要因はいくつかありますが、そのひとつに空砲があります。

 

空砲とは、卵胞の中に卵子が入っていない状態のことを指します。

通常の妊娠のときは気にする必要はあまりないのですが、体外受精のときには空砲が影響してきます。

 

体外受精の際には、効率的に良い卵子を採取する必要があります。

そのため、複数の卵子を採取します。

そのときに、卵胞内に卵子が入っていない空砲が多くあると、そもそも受精ができないのです。

 

空砲も少なく、良い状態の卵子が多いほうが体外受精の成功率は上がります。

 

それでは空砲はなぜ起こるのでしょうか。

 

一つがLHと呼ばれる(黄体形ホルモン)の分泌量の不足です

 

LHは、排卵や黄体化を促す作用があります。

LHの分泌量が少ないと、卵子がちゃんと成熟せず未成熟になりやすく、採卵をしても空砲が多くなりやすくなります。

 

もう一つが加齢です。

 

加齢により卵子の発育が悪くなったり、卵子の質自体が落ちやすくなります。

日本の体外受精の成功率が低い要因の一つがこの高齢者の体外受精があげられるほど、加齢の影響は大きいのです。

 

空砲を減らすには

 

それでは、空砲を減らすにはどうしたらいいのでしょうか。

 

まず卵子の質をあげることが大事です。

 

規則正しい生活を心がけて、いわゆる健康にいいとされていることをすることで卵子の質をあげることができます。

具体的には睡眠をしっかりととること。

睡眠中に細胞を修復し、ホルモンバランスを整えてくれます。

 

そして適度な運動をすることです。

運動をすることは、血流の改善につながります。

特に下半身の血流がよくなることで、子宮の血流のよくなります。

卵子の質の低下を抑えることができます。

 

もう一つおすすめなのが「たんぽぽ茶ショウキT-1」です。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1は、たんぽぽの葉から抽出された成分が含まれているお茶のことです。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1には、LHの分泌量を調整する働きがあることと期待されているのです。

 

さらに、卵子の質あげると様々な医療機関で期待されているのです。

 

詳しくは「妊活のために考えたい脳の働き 〜たんぽぽ茶の可能性〜」を参照

 

 

対外受精は心と身体に大きな負担をかけます。

さらに空胞などの問題によって、対外受精がうまくいかないと、追い討ちのように感じて不妊治療を続けていくモチベーションの低下にもつながりかねません。

 

生活習慣の改善やたんぽぽ茶のように日頃の生活に取り入れられるものを活用していって体外受精の成功率を1%でもあげられるようにしましょう。

-Blog
-

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.