Blog

妊婦さんは熱中症になりやすい⁉︎水分補給で起こるむくみにたんぽぽ茶

更新日:

妊婦さんは熱中症になりやすい

 

5月も後半になり、そろそろ夏の時季にさしかかってきました。

昨日も全国的に暑い日となり、場所によっては猛暑日になりました。

 

急な気温上昇で注意していただきたいのが熱中症です。

特に妊婦さんは熱中症になりやすいことがわかっています。

 

妊婦さんは体温調整が妊娠していないときよりもしづらくなっています。

 

妊娠中は暑さを感じる方が多くいらっしゃいます。

それは、大きく分けて二つの理由があります。

 

一つ目はホルモンの影響です。

女性ホルモンの黄体ホルモンが妊娠初期のころは分泌されています。

 

黄体ホルモンは受精卵の発育を促したり、子宮内膜を厚くさせる働きがあります。

この働きによって受精卵が守られ、元気に成長していくのですが、体温も上昇させてしまうのです。

 

そのため基礎体温が上がり、暑さを感じるようになります。

 

妊娠四ヵ月をすぎてくると、黄体ホルモンの分泌量は減ってきます。

 

もう一つの理由は、赤ちゃんの体温です。

赤ちゃんが大きくなってくると赤ちゃん自身の体温によって暑さを感じることが増えてきます。

 

さらに、赤ちゃんを守るためにお腹周りに脂肪がつきます。

脂肪は熱を溜め込みやすく、上がった体温を下げづらくなります。

 

熱中症には水分補給が一番だけど気になるむくみ

 

この二つの要因などによって妊婦さんは体温が高くなりやすく、さらに体温調整もしづらくなっています。

 

季節にもよりますが、着脱可能な服装をすることで体温調整をするなどの対策が必要です。

 

また、昨日のように急に気温が高くなると身体が汗を出すのに慣れていない場合があります。

 

そうなると、ただでさ体温調整がしづらいのに、汗をかけないことで体温を下げることができず、さらに熱中症になるリスクが高まります。

 

それでは、熱中症を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

 

先ほどお伝えした着脱可能な服を着るようにしてください。

 

そして最も大事なのは、こまめな水分補給です。

 

1日1.5リットル以上の水分を摂るようにしてください。

 

一気に飲むのではなく、何度かに分けて飲むのが効果的な水分補給のコツです。

 

むくみ対策にたんぽぽ茶ショウキT-1

 

しかしここで言わずとも熱中症に水分補給が重要なことは重々承知かと思います。

妊婦さんにとって気になるのは、水分補給によって起こる「むくみ」ではないでしょうか。

 

身体や赤ちゃんのためにも水分補給はしたいけど、どうしても「むくみ」が出てしまうから躊躇してしまう…そんなお悩みを持つ妊婦さんも多くいるかと思います。

 

そこでオススメしたいのが「たんぽぽ茶ショウキT-1」です。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1は、高いデトックス効果があることで知られています。

 

というのも、たんぽぽには利尿作用があり、その働きから解毒に効く漢方薬として珍重されています。

 

また、ヨーロッパではハーブとして食べられていましたが、「おねしょのハーブ」と呼ばれるほど利尿作用があることが浸透しています。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1には、そんたんぽぽの葉から抽出された成分が含まれています。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1の利尿効果を裏付けるこんなデータが報告されています。

 

慢性腎炎や肝硬変などの患者さんを対象にたんぽぽ茶ショウキT-1を一週間飲んでもらい、尿の量と排尿回数を調べました。

 

その結果、全員が飲み始めてすぐに尿量が増えたと報告されています。

 

さらに、1回でまとまった量の尿が出るようになり、排尿回数が減ったという患者さんもいました。

 

むくみを予防するには、余分な水分を出すことです。

たんぽぽ茶ショウキT-1は有効な手段ではないでしょうか。

 

熱中症予防には、水分補給が一番ですが、それで起こるむくみにたんぽぽ茶ショウキT-1などを使って、上手に夏を乗り切りましょう。

-Blog
-,

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.