Blog

妊活・妊娠中に重要な栄養素とは⁉︎

更新日:

妊活・妊娠中の食事の注意点

 

妊活そして妊娠中に食生活を見直すことはとても大事なこと。

どうして食事が大事かというと、私たちの体は食べたものから栄養をとっているから。

体に取り入れた栄養が体を構成したり、代謝を促したりと大活躍です。

 

けれど、栄養のバランスが悪いと体が正常に働かなくなり、生理不順やそれこそ不妊の遠因にもつながりかねません。

そのため食事の基本は、栄養バランスを考えてしっかり摂ることです。

 

ただし、妊活や妊娠中は女性の体にとって特別な時期。

そのうえ妊娠中は、赤ちゃんのことも考えてあげなければいけません。

 

そこで妊活中や妊娠中の食事の注意点についてまとめてみました。

 

ざっとあげれば、体や細胞の材料になるタンパク質、抗酸化作用のあるビタミンEをはじめとするビタミン類。

女性にとって不足がちな鉄やカルシウムなどのミネラルを補うことも忘れてはいけません。

 

日常生活における食事の正しいバランスになりますが、この他にも生まれ来る赤ちゃんのためにも葉酸を積極的に摂ることがすすめられています。

 

葉酸は妊娠中に必要な栄養素と思われがちですが、そうではありません。

葉酸はDNAやRNA、タンパク質の生合成のほか、胎児の細胞分裂や成熟にも大きく関わるといわれています。

そのため、妊娠前から摂取することで、赤ちゃんの脳や脊髄の発達異常である「神経管閉鎖障害」のリスクを減らすことができるといわれているのです。

 

また、最近ではビタミンDが大きくクローズアップされてきています。

ビタミンDはカルシウムを骨に代謝するために不可欠な栄養素であり、母乳にも含まれる栄養素です。

実は、妊娠・授乳期における母体のビタミンD濃度が、子供の小児期や思春期の成長に関係するというのです。

元気で快活な子供に育つよう、ビタミンDの不足には気をつけたいところです。

 

そして妊活ならびに妊娠中を問わず、積極的に摂ってもらいたいのが食物繊維です。

食物繊維はゴボウやニンジン、大根などの根菜類に豊富に含まれています。その働きはというと腸の善玉菌の餌となって活性化し、お腹の調子を調えてくれるというものです。

 

女性は男性にはない子宮という臓器がお腹にあります。そのため腸の働きが圧迫されてどうしても悪くなりがちです。

女性に便秘症が多い理由のひとつにもなっています。

 

ですから、腸の働きを高めてくれる食物繊維は、女性にとって妊活・妊娠中を問わずに重要な栄養素であるのです。

 

妊活中の男性には亜鉛を豊富に含む食事を

 

妊活中の食事の注意点で忘れていけないのが、妊活は女性だけのものではないということ。

つまり、パートーナーである男性の食生活にも気を配るべきです。

 

男性の精子を元気にしてくれるのが、亜鉛です。

牡蠣、カズノコ、サザエ、ホタテ、イワシ、シシャモといった魚介類のほか、牛や豚のレバー、山芋や里芋などの根菜類、ひじきやワカメといった海藻類に亜鉛はたくさん含まれています。

また、アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類もおすすめです。

 

ただし、ナッツをかじりながらのビールや焼酎は要注意。

アルコールやカフェイン、そしてタバコは精子の機能性や運動性に悪影響をおよぼすといわれているからです。

 

また、妊娠中の女性にとってもアルコール、カフェイン、タバコがNGであることはいうまでもありません。

その他にも気をつけてもらいたいNG食が、ミルクやチーズなどの乳製品。それと生ハムやスモークサーモンなどの非加熱食品です。

こうした食品には、流産や早産を引き起こしかねないリステリア菌が付着しているかもしれないからです。

 

リステリア菌による感染患者数は年間200人程度と決して多くはありませんが、妊娠中は石橋を叩いて渡る慎重さを忘れてはいけません。

 

糖鎖が減ることにより妊活にも悪影響

 

ここまでは主に栄養学の観点から妊活中ならびに妊娠中の食生活について見てきましたが、「糖鎖」という言葉をご存知でしょうか?

 

糖鎖とは、文字通り糖が鎖のようにつながっているものをいいます。専門的な説明は難解であるため省きますが、糖鎖は私たちの細胞を様々な角度から支えるとても重要な存在だといわれています。

 

たとえば、人体の主要構成分であるタンパク質や水分を管理したり、保護したり、あるいは免疫機能を正常に働かせているなどが糖鎖のわかりやすい働きです。

 

ところが、現代人はこの糖鎖が減少傾向にあるといわれています。

糖鎖が減ることにより、妊娠に関わる悪影響も懸念されます。

卵胞ホルモン、黄体ホルモン、女性・男性ホルモンといったホルモンの生成や分泌などに支障が出るといわれているのです。

 

糖鎖を含む食品としては、オクラ、納豆、山芋、里芋、メカブなどが代表的です。これらを見てもわかるように、いわゆるネバネバ食品といわれているものです。

 

より手軽に糖鎖を補給できる食品としてあげられるのが、タンポポ茶ショウキT-1です。

タンポポ茶ショウキT-1には、糖鎖の補給に不可欠なアミノ酸も含まれています。しかも吸収しやすい低分子の糖鎖といわれています。

 

さらにビタミンやミネラル類を豊富に含み、妊活や妊娠中の健康管理に役立ってくれるのがタンポポ茶ショウキT-1です。

もちろん、植物を原材料にしたタンポポ茶ショウキT-1には、腸の健康を整える食物持つ繊維もたっぷりと含まれています。

 

食生活の栄養バランスに気を配りつつ、糖鎖を補ってくれるタンポポ茶ショウキT-1もまた妊活・妊娠中に不可欠な食品といえそうです。

 

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.