Blog

抗不安薬・抗うつ薬の影響とは⁉︎松こぶエキスの働き

更新日:

抗不安薬・睡眠薬の影響

 

元号が平成から令和に変わって新しい時代がやってきました。

 

そんな中、「平成の歌姫」華原朋美さんから明るいニュースが流れてきました。

 

歌手の華原朋美さんが44歳で妊娠6ヶ月だと発表しました。

 

華原さんは「楽しく穏やかに、おなかの赤ちゃんの事を一番に考えて毎日過ごしています。新しい家族と新時代を迎えられる事もとても幸せに思います」

と発表されています。

 

華原朋美さんというと、様々なスキャンダルが報道されてきました。

 

その中で、抗不安薬・睡眠薬の不安がいくつかのメディアで取り上げられています。

 

薬がお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすのではないか?

と心配する声があるのです。

 

調べてみると抗不安薬や睡眠薬が赤ちゃんに影響を及ぼすことはない、あっても可能性としては非常に低いということが研究で明らかになっています。

ですので、華原さんをはじめ、現在服用されている方は安心だといえるでしょう。

 

抗うつ薬は赤ちゃんに悪影響

 

一方で、実は妊娠時や産後はうつ病になりやすいと言われています。

 

妊娠時や産後は、ご自身の身体の変化や周りのサポートがない環境だったりするとストレスが溜まりやすくなります。

また、女性ホルモンの変動激しい時期でもあります。

 

そういった様々な要因でうつ病を発症しやすくなるのです。

 

妊娠中や産後のうつ病に関しては、ストレスや負担のかからない環境にしてあげる環境整備をはじめ、抗うつ薬が処方されることが多くなります。

 

 

抗不安薬や睡眠薬と違い抗うつ薬に関して言えば、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす確率が高まることがわかっています。

 

抗うつ薬にはいくつか種類があり、一概には言えませんが心血管性奇形や心血管性に障害を持つ確率が高まると報告されています。

 

抗うつ薬の中には、赤ちゃんへの影響が報告されていないものもあります。

どうしても赤ちゃんのことを考えると薬を飲むことに抵抗があると思いますが、医師とよく相談をして、そういった身体への影響が少ない薬を選択するようにしましょう。

 

セロトニンを増やす方法

 

抗うつ薬や抗不安薬にはセロトニンを増やす働きがあるものがあります。

 

このセロトニンは幸せホルモンと呼ばれるほど、感情や気分、自律神経などを整えてくれる働きがあります。

 

セロトニンを増やすには、食べ物からセロトニンの元となる「トリプトファン」と呼ばれる成分を摂らないといけません。

 

セロトニンの元となるトリプトファンが多く含まれている食べ物は

 

  • 乳製品
  • 大豆製品
  • バナナ

などです。

 

これらを食べるようにしてください。

 

また、トリプトファンを採っても太陽光を浴びないとセロトニンは生成されないことがわかっています。

 

電球やLEDライトなどでは光の強さが弱いので、太陽の光ではないといけません。

 

ウォーキングもオススメです。

一定のリズムで運動するリズム運動がセロトニンが増やすのですが、ウォーキングなら太陽の光も浴びれて、リズム運動をすることができるのです。

 

 

そのほか近年、セロトニンを増やすのに期待されているのが「松こぶエキス」です。

 

松こぶエキスは脳内の神経伝達物資などを増やすことが研究で発表されており、その抗うつ作用が明らかになりつつあります。

さらに神経伝達物資を増やすことでセロトニンの増加にもつながることがわかっています。

 

松こぶエキスが含まれている健康食品など選んで摂るようにしてください。

 

さらにオススメしたいのが「たんぽぽ茶ショウキT−1」です。

 

たんぽぽは、古くから高いデトックス効果があることで漢方やハーブとして親しまれてきました。

 

たんぽぽ茶ショウキT−1は、身体に溜まった不純物を出すことができ、かつ安心安全に飲むことができます。

 

抗うつ薬の影響が気になる方は、松こぶエキスやたんぽぽ茶ショウキT−1などを活用してみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、妊娠中や産後のうつ症状の予防にもつながります。

 

日々の生活の中にも取り入れてもいいかもしません。

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.