Blog

花粉症(Ⅰ型アレルギー)とタンポポ茶ショウキT-1

更新日:

日本人の3〜4人に1人が悩む花粉症はアレルギー性疾患の代表格

 

花粉症の季節がやってきました。早い人では2月頃から、くしゃみ・鼻水、目のかゆみや充血になどに悩まされているかもしれません。

 

花粉症はいまや現代病の一つに数えられ、日本人の3〜4人に1人が悩んでいるといわれています。

しかも、去年までは大丈夫だった人でも、いつなるのかわからない免疫異常の病気です。

特に今年は花粉症の原因となるスギやヒノキの花粉飛散量が多いと予測されており、全国平均で去年の3倍になるといわれているほどで、新たに花粉症患者が増えるのではと懸念されています。

 

ところで、花粉症とはアレルギー性疾患の一つになります。

 

アレルギーには、Ⅰ型からⅣ型まで4つのタイプがあり、花粉症を含むアレルギー性鼻炎はⅠ型に含まれます。

Ⅰ型アレルギーは花粉症の他にも気管支喘息、じんましんなどがあります。

 

Ⅰ型アレルギーの特徴は、花粉やダニなどのアレルゲンが入ってくるとすぐに症状が現れるというものです。

 

免疫機能の過剰反応によって起こる花粉症

 

アレルゲンとは、アレルギーの原因となる異物のことです。

花粉症の場合は、スギやヒノキの花粉がアレルゲンになります。

 

Ⅰ型アレルギーの花粉症がどのように発症するのかというと、アレルゲンである花粉が体に入ると、免疫グロブリンの一種であるIgEが反応し、体を守るためにIgE抗体というものを作ります。

 

IgE抗体は肥満(マスト)細胞にあるのですが、ここでIgE抗体とアレルゲンが結合するとヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されることになります。

このヒスタミンが鼻粘膜を刺激し、炎症を引き起こすことで鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの様々なアレルギー症状を発症することになります。

 

つまり、花粉症とは免疫機能の過剰反応なのです。

 

花粉症の症状を抑える薬として、抗ヒスタミン剤などを処方したり、薬局などでも市販されたりしています。

しかし、症状を抑えることはできても、過剰な免疫反応を抑えるだけで、根本的な治療薬は未だにないといわれています。

 

乳幼児に多いアトピー性皮膚炎もⅠ型アレルギー疾患の一つ

 

花粉症をはじめとするⅠ型アレルギーの予防改善で注目したいのが、タンポポ茶ショウキT-1です。

花粉症を発症するプロセスの端緒になるのが、アレルゲンに反応してできるIgE抗体です。

大阪大学や産業医科大学による動物実験により、タンポポ茶ショウキT-1にはアレルギー抗体であるIgEを下げる効果があることがわかっています。

 

しかもタンポポ茶ショウキT-1は薬ではありませんので副作用もなく、安心して毎日飲むことができます。

つまり、花粉症季節に限らず、予防措置として日々の健康づくりに取り入れることができるわけです。

 

さらにタンポポ茶ショウキT-1には、免疫機能を正常に働かせるためのお手伝いをしてくれるといわれています。

 

たとえば、体に溜まっている余分な水分や老廃物を排泄してくれることです。

これと関連して、尿の出を良くすることで、低下していた解毒作用を高めてくれる働きもあるとされています。

 

老廃物や体内の毒が排泄されると体の免疫機能が正しく働くようになるといわれています。

つまり、タンポポ茶ショウキT-1を飲むことで、花粉症をはじめとするⅠ型アレルギー対策になるというわけです。

 

Ⅰ型アレルギーには花粉症の他にも、乳幼児に多いアトピー性皮膚炎が含まれます。

 

このアトピー性皮膚炎についても、タンポポ茶ショウキT-1の働きが期待されています。

アトピー性皮膚炎治療のスタンダードとして、外用薬としてステロイド薬の投与があります。

いうまでもなくステロイド薬には強い副作用があるため、できることならば使いたくない薬ともいえるでしょう。

 

特に小さなお子さんに使うのは、仕方がないとは思いつつも勇気がいるものです。

その点、タンポポ茶ショウキT-1は安心、安全の漢方エキスです。

しかも高い解毒作用で薬の副作用を軽減してくれる働きもあるとされています。

 

いまや現代病の代表ともいえる、アレルギー性疾患──その予防対策として、タンポポ茶ショウキT-1を試してみてはいかがでしょうか。

 

-Blog
-, ,

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.