Blog

高年妊娠による10個のリスクとその対策とは

更新日:

結婚の晩年化や共働きなどの社会的要因や医療の発達により、高年妊娠をする方が増えています。

 

高年妊娠はいわゆる“ハイリスク妊娠”として知られています。

どういった危険性があるのでしょうか。

数字と一緒に高年妊娠のリスクについて紹介していきます。

染色体異常

染色体の構造異常のことを染色体異常と呼びます。
様々な種類がありますが、高年妊娠と関係性が深いのが、21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーなどです。

21トリソミーはダウン症と、18トリソミーは口唇裂、口蓋裂などと関連しています。

特に有名な21トリソミー(ダウン症)の発症リスクは、

 

30歳で1/952

35歳で1/378

40歳で1/106

45歳で1/21

 

とされています。

高年妊娠で最も心配されている疾患です。

 

初期流産

 

高年妊娠は初期流産が多くなり、その原因の多くは染色体異常によるためだと考えられています。

 

デンマークで60万人以上を対象とした研究によると年齢による流産率は

30歳未満で12%

35~39歳で25%

40~44歳で51%

45歳以上で93%

 

このように年齢があがるにつれて高まることがわかっています。

 

胎児形態異常

 

高年妊娠によって胎児形態異常(奇形)が高まることがわかっています。

こちらも初期流産と同じく、染色体異常が要因だといわれています。

 

妊娠高血圧症候群

 

妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降,分娩12週までの間に高血圧となる病気のことです。

たんぱく尿や全身の臓器障害を引き起こすことがあります。

 

全年齢では3~4%程度の発症率ですが、40歳代以上になるとその倍ほどになります。

 

イスラエルで約8万人を対象とした研究では

 

30~39歳では2.3%

40~44歳では3.2%

45歳以上では9%

 

だったと報告されています。

そのほかの研究でも上がり幅は違えど、同様に年齢ともに妊娠高血圧症候群の発症率が向上すると結論づけているものが多数あります。

 

妊娠糖尿病

 

妊娠糖尿病は、妊娠中に発見または発症した糖尿病ほどではない軽い糖代謝異常のことです。

 

さきほどのイスラエルの研究によると、妊娠糖尿病の発症率は

 

30~39歳では4.2%

40~44歳では10.2%

45歳以上では17%

 

とされています。

45歳以上では30歳代と比較すると発症率は4倍にもなります。

 

とはいえ、妊娠高血圧症候群にも言えますが、8~9割の人は発症しないともいえます。

 

前置胎盤

 

前置胎盤は、胎盤が何らかの原因で出産に悪影響のある位置に定着することです。

 

前置胎盤による出産は母子ともに命の危険性がグッと高まります。

 

そんな前置胎盤ですが、アメリカで116万人を対象にした研究によると

20歳代女性と比較して、初産婦で約10倍、経産婦で約3倍になると報告されています。

 

早産

 

早産も高年妊娠により、起こりやすくなるといわれています。

 

スウェーデンで150万人を対象とした研究によると

20~29歳の早産の頻度は6.2%だったのにたいして、40~44歳で8.7%、45歳以上では9.4%になったそうです。

 

低出生体重児(未熟児)

 

早産が増えるので当たり前といえばそれまでですが、年齢が上がるにつれ、未熟児の出産数も増えていきます。

 

その増加率は、早産と同じく1.2~2倍ほどです。

 

胎児死亡

 

高年妊娠での胎児死亡は非常に重い問題です。

 

その危険性は35歳以上で1.6倍になり、年齢とともに上昇していきます。

また、妊娠37週目以降から顕著になります。

 

近年、この予防戦略が見直されています。

 

帝王切開分娩

 

高年妊娠の帝王切開分娩をする頻度に関しては、年齢とともに高くなります。

 

25~34歳で20%

40~44歳で26%

45~49歳で36%

50歳以上で61%

 

となっています。

さきほどの前置胎盤や様々な理由により帝王切開分娩を選択することが多くなると考えられています。

 

  • 参考文献:「データで見る高年妊娠」国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター産科 小川浩平

 

高年妊娠のリスクを下げる方法とは?

 

これまで、高年妊娠による危険性について紹介してきました。

 

この危険性を少しでも減らすために、いくつか方法を紹介します。

 

一つは「たんぽぽ茶ショウキT-1」です。

 

たんぽぽ茶は、その高いデトックス作用で様々な医療機関で注目されています。

 

中でも

  • 妊娠高血圧症候群
  • 妊娠糖尿病

に関しては、期待されています。

 

また、卵子の質を高め、高年妊娠にたいしてポジティブな働きをすると考えらえており、その研究が進められています。

 

近い将来、その研究結果が発表されるかもしれません。

 

もう一つは「松康泉」です。

 

身体の老化を進める原因の一つが“活性酸素”です。

 

活性酸素を減らすことで、身体を若いままに保てると考えれています。

 

活性酸素を除去するには、ビタミンCとビタミンEが有効だと言われています。

 

ビタミンCの活性酸素の除去率は40%、ビタミンEで80%です。

 

一方、松康泉は98%あり、高い除去率をほこります。

 

身体を元気に保つのに「松康泉」はよい方法だといえます。

 

そのほか、日々の生活習慣を見直すことが大事です。

 

不節制な生活をしていると身体の老化も進行していきます。

 

できることから見直していき、高年妊娠のリスクを減らしていくことができるのです。

-Blog
-,

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.