Blog

黄砂が妊婦さんに悪影響を及ぼすと判明!対策方法は⁉︎

更新日:

年末になり今年も残りわずかとなりました。

 

冬も本格的になってきて、インフルエンザウイルスが猛威をふるっています。

手洗いうがいなどで予防するのが一番。

特に妊婦さんは重篤化しやすいので、注意をするようにしてください。

 

黄砂が早期剥離を増やす

 

さらにこの後の時期に増えてくる“黄砂”。最近の研究でこの黄砂が妊婦さんにとって悪影響を及ぼすことがわかりました。

 

研究を発表したのは、東邦大学、九州大学と国立環境研究所の疫学研究グループです。

東アジアから飛んでくる砂や埃の黄砂が常位胎盤早期剥離を増加させることがわかりました。

 

常位胎盤早期剥離は子宮から胎盤が剥がれることで、妊婦さんの約1%に起こるとされています。

赤ちゃんへの栄養や酸素が届かなくなるだけでなく、妊婦さんの出血も増えるなど母子ともに大変危険な症状です。

 

同研究グループは、3,000人以上の妊婦さんのデータをもとに検証。

黄砂が飛んだ1~2日後に常位胎盤早期剥離が増えることが判明しました。

 

明確な原因は、判明しませんでしたが、黄砂に含まれる微生物や大気汚染物質による炎症が考えられています。

特に黄砂に含まれる、微生物のグラム陰性桿菌に含まれるリポ多糖は、妊婦に炎症を引き起こし早産の原因となることが知られています。

 

参考:https://www.nies.go.jp/whatsnew/20191108/20191108.html

 

家の中にいれないことが第一の対策

 

同研究で原因は特定できませんでしたが、妊婦さんにとって黄砂は良くない影響を及ぼすことは間違いないようです。

 

黄砂の対策としては、マスクをすることが一つです。

とはいえ、黄砂は非常に細かくマスクを通過することがあります。

 

そのため、帰宅後にはうがいをすることが重要です。

 

そして家の中に入れないためにむやみに窓を開けない、空気清浄機を活用する、こまめな掃除が重要となってきます。

洗濯物も室内に干したりすることも効果的です。

 

これらは花粉やインフルエンザと同じですね。

花粉やインフルエンザ対策にもつながりますので、ぜひ行うようにしてほしいところです。

 

デトックスで体外に排出

 

まあ、黄砂や花粉、インフルエンザなどの悪影響を及ぼすものを身体の中にいれても追い出すためことも重要です。

 

例えば、高い解毒作用があるためデトックスとして期待されている「たんぽぽ茶ショウキT−1」などです。

 

たんぽぽは、おねしょのハーブと呼ばれるほど高い利尿作用があることで知られています。

また、たんぽぽに含まれるイヌリンは、便秘改善作用があります。

 

日頃の生活に取り入れやすい食べ物としては、食物繊維が多い野菜や果物類、そして納豆などの発酵食品がおすすめです。

 

これらを生活の中に足して身体の中に悪いものをいれたとしても、すぐに追い出すように対策をしましょう。

 

インフルエンザが終わっても、次は黄砂と妊婦さんにとっては心休まる暇がないかと思いますが、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!

 

 

-Blog
-,

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.