用語辞典

最新不妊治療の「PRP療法」とは?

更新日:

PRP療法は子宮内膜の薄い女性にとって最新の治療法

 

医療は日進月歩で進んでいます。不妊治療もしかりです。

 

不妊治療の最先端の一つといえるのが、再生医療の一種である「PRP療法」です。

PRP療法とは、患者本人の多血小板血漿(Platelet-Rich Plasma)を用いた治療法になります。

患者の血液から抽出した高濃度の多血小板血漿(PRP)を子宮に注入することで、子宮内膜を厚くするというものです。

 

対象となるのは、人工授精や凍結胚移植を予定している女性患者になります。

子宮内膜が薄いと着床率が低くなり、厚いと着床しやすいことはよく知られています。

PRP療法は子宮内膜が薄いと診断された女性にとっては、願ってもない最新の治療法といえるかもしれません。

 

血小板に含まれる成長因子が子宮内膜を厚くする

 

子宮にPRPを注入すると、どうして子宮内膜が厚くなるのかというと、血小板にはさまざまな成長因子が含まれているからです。

 

そもそも、血小板に出血を止める働きがあることはよく知られています。また、傷の治りが遅い、早いにも血小板はかかわってきます。

血小板には血小板由来成長因子(PDGF)、血管内皮細胞増殖陰唇(VEGF)、上皮細胞成長因子(EGF)、線維芽細胞増殖因子(FGF)などのさまざまな成長因子が含まれているからです。

これらの成分がたくさんあると傷口の細胞増殖が活発になり、その結果、傷の治りが早くなるといわれています。

 

PRP療法を行うと子宮内膜が厚くなるのも、これらの成長因子の働きかけによるものだと考えられています。

 

PRP療法を実施している医療機関は限定的

 

PRP療法の方法は、まず静脈血を20ml採取し、遠心分離機にかけて血漿部分を抽出します。血漿から調製したPRPを子宮用チューブで子宮内に注入するという方法になります。

 

これだけ見ると簡単な治療法に思えますが、そうではありません。

子宮内にPRPを注入する治療法は、「第二種再生医療等」に該当するのだそうです。

そのため、厚生労働大臣から認可を受けた医療機関でしか受けることができません。

 

PRP療法そのものは、これまで歯科や関節治療などで用いられてきたといわれいます。

しかし、難治性不妊に対する治療法として認められるようになったのは2019年に入ってからのことで、治療を受けられる医療機関は極めてかぎられているといわれています。

 

不妊治療の結果がでないご夫婦のためにも、できるだけ早くPRP療法が全国に広まり、治療機会が増えることを願うばかりです。

 

子宮内膜を厚くしてくれる黄体ホルモン

 

PRP療法は子宮内膜を厚くするための治療法ですが、どれくらいの厚さがあればいいのでしょうか。

一般的に排卵後の子宮内膜は8mm以上の厚さが望ましいといわれています。

理想は10mm以上の厚さで、排卵から7〜10日目の厚さが15mm以上あると着床率はグンと高まるとされています。

 

一方、子宮内膜の厚さが8mm以下になると薄いと判断されるそうです。

 

子宮内膜の厚さが十分にあるかどうかは、排卵にかかわるさまざまなホルモンバランスがかかわっています。

つまり、ホルモンバランスを整えることで、子宮内膜を厚くできるかもしれないというわけです。

 

ホルモンのなかでも着目したいのが、黄体ホルモンです。

黄体ホルモンがしっかり分泌されないと、子宮内膜は厚くならず、着床しにくくなるといわれています。

 

この黄体ホルモンをはじめとするさまざまなホルモンバランスを整えてくれるのが、たんぽぽ茶ショウキT-1です。

生殖年齢の女性58人を対象に行った試験では、卵胞刺激ホルモンと黄体ホルモンを上昇させ、催乳ホルモンを低下させるという結果が出ています。

たんぽぽ茶ショウキT-1には、妊娠にかかわるホルモンのバランスを整える働きが学術的にも明らかになっているのです。

 

PRP療法は、最先端の不妊治療のひとつとして期待されています。不妊治療はこれからも進化し、より効果の高い治療法が確立されていくことでしょう。

そうした機会を待つばかりではなく、日頃からホルモンバランスを整えることに気を配り、子宮内膜を厚くするための努力と工夫を重ねることも大事かもしれません。

その一助として、たんぽぽ茶ショウキT-1はぴったりではないでしょうか。

 

 

-用語辞典

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.