Blog

治療を断られる”妊活難民”が急増中!妊活難民を防ぐ方法とは⁉︎

更新日:

妊活難民とは

 

最近、“妊活難民”という言葉をよく聞くようになりました。

 

妊活難民とは、不妊治療のために医療機関に行っても治療を断られてしまい、不妊治療をできないことを指します。

 

勇気を出して医療機関に行っても、病院側の判断で治療を受けることができないのです。

医師から適切な不妊治療を受ければ、赤ちゃんができると期待していたにも関わらず、治療を断られてしまうことの精神的なダメージは計り知れません。

 

そういった妊活難民はなぜ起こってしまうのでしょうか。

 

病院側が治療を断るにはいくつか理由がありますが、もっとも多いのは治療ができないと判断した場合です。

 

男性側の問題で、精子がない無精子症の場合には医師から断られるケースが多いようです。

 

女性が高齢の場合にも不妊治療を断られる可能性が高まります。

というのも、不妊治療を受ける人は年々増加しています。

患者数が増えると手が回らなくなり、出産できる確率が低くなる高齢の不妊治療を断らざるえない例もあるそうです。

 

また、技術が不足している医師の場合にも困難な不妊治療を断られるケースがあります。

 

そのほか、医療機関側のルールとして、不妊期間が短い場合や通院がしづらい場合には断られるといったこともあります。

 

そういった様々な理由によって、不妊治療が受けらず、妊活難民となってしまいます。

 

それでは、妊活難民を避けるにはどのようにしたらいいでしょうか。

 

妊活難民にならないためには

 

一つは、ご自身にあった良い医療機関を見つけることです。

親身になってくれる病院や高い技術を持った医師がいる医療機関を受診するようにしましょう。

とはいえ、口コミや医療機関のHPを見るなどして調べることしかできず、運頼りになってしまうことも否めません。

人気のある病院では、予約もなかなか取れないということもあります。

 

また、近くで不妊治療を受けられる医療機関が限られていて、選ぶことができないということもあります。

 

 

そこで、ご自身でできる方法としては、卵子や精子の質を高めて、不妊治療を断られにくくすることです。

もちろん、卵子や精子の質が高い方が不妊治療自体も成功しやすくなります。

 

卵子の質を高める方法

 

卵子の質を高めるのには、規則正しい生活習慣のほかに、ストレスを溜めないようにすることや下半身を冷やさないようにしてください。

 

ストレスは、自律神経を狂わせ、ホルモンバランスが悪くしたり、女性ホルモンの分泌を減らすことにつながります。

 

下半身の冷えは、子宮の血流を悪化させ、卵子の発育に悪影響を及ぼします。

 

そして食事に取り入れてほしいのが、女性ホルモンのエストロゲンを増やす、イソフラボンを含む大豆食品です。

その他にもビタミンB6を含むマグロやカツオ、ビタミンEが豊富なナッツ類やかぼちゃ、葉酸を含むアボカドなども女性ホルモンを増やすのに効果的な食事です。

 

 

これらに加えてオススメなのが「たんぽぽ茶ショウキT-1」です。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1には、FSH(卵細胞刺激ホルモン)やLH(黄体化ホルモンまたは黄体刺激ホルモン)など妊娠にかかわる様々なホルモンを調整する働きがあり、その中でも甲状腺ホルモンへの働きかけでタンパク質合成能力を高め、良い卵子を作るサポートをしてくれます。

 

不妊に悩む女性の多くに問題がある女性ホルモンの受容体を増やすといわれています。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1には、卵子や受容体を若返らせ、元気にしてくれる働きが研究によって明らかになっています。

 

精子の質を高める方法

 

また、精子に対しては、規則正しい生活習慣やストレスを溜めないといった点は卵子の質を高める方法と同じですが、下半身を温めすぎないことが大事です。

 

精子は熱に弱く、暑いお風呂や膝の上でパソコンを置いて作業することで精子の量が減ってしまいます。

 

そういった日頃の生活にプラスしてほしいのが「松康泉」です。

 

精子は、活性酸素と呼ばれる体内の細胞を傷つける物質に弱く、活性酸素を除去することが重要になってきます。

 

この活性酸素を除去するのに優れているのが松康泉です。

 

活性酸素を除去するのに有名なビタミンCとビタミンEでさえ、ビタミンCの活性酸素の除去率は40%、ビタミンEで80%です。

 

一方、松康泉は98%もあることが明らかになっています。

 

この数値からも活性酸素を除去する力が高いことがわかるでしょう。

 

 

これらをうまく取り入れてみてください。

 

 

私たち患者は病院に行けば、治ると期待して通院します。

その治療を断れられてしまったときの絶望感はそのときにならないと分かり得ないことだと思います。

 

そういった妊活難民が生み出されないためにも医療の進歩に期待するのに加えて、私たちも日頃の生活を見直してみることが大事なのかもしれません。

 

-Blog
-, ,

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.