Blog

秋の肌荒れにたんぽぽ茶がおすすめな3つの理由

更新日:

季節の変わり目に体調を崩しやすい方はいないでしょうか。

季節の変わり目は気温差が大きいため、免疫力が落ちやすくなります。

また、インフルエンザなどのウイルスは、気温や湿度が下がると活発に動くようになるため発症しやすくなります。

 

一方で秋になると喉の痛み、鼻水、肌のかゆみや炎症などの症状が出る場合は花粉症の可能性があります。

 

花粉症というと春のイメージが強いですが、実は秋や冬であっても発症します。

 

春の花粉症は杉の木やヒノキなどの花粉によって引きこされます。

秋はブタクサなどの花粉によって引き起こされ、秋に起こる体調不良はこの花粉症である場合があります。

 

さらに、秋は昼間はまだ暑い日が多く、昼間だと汗をかくことも少なくありません。

 

汗は皮膚トラブルの原因になります。

 

花粉症や汗などによってお肌が荒れてしまうという方にオススメなのが、たんぽぽ茶です。

 

たんぽぽ茶がオススメな理由として3つご紹介いたします。

 

1.東洋医学的な理由

 

東洋医学では、身体に余分な水分や老廃物(東洋医学で言うところの湿)が溜まるとアトピーや花粉症をはじめとするアレルギーの症状が出現すると言われています。

 

タンポポは古来より身体に溜まる余分な水分や老廃物 (東洋医学で言うところの湿)を排出する働きがあると言われています。

 

それはタンポポには末梢血管を拡張させる働きがあり腎糸球体の血行を促進し尿の量を増やす事できるからだと考えられています。

 

そのため、東洋医学ではタンポポを漢方生薬として使われてきており、花粉症などの症状を抑えることの一助になるでしょう。

 

 

2.デトックスとしての理由

 

古来よりタンポポは、「解毒薬」として使われてきました。

 

昔のヨーロッパでは冬の間の寒さが厳しい為、野菜や果物の収穫が難しくソーセージやハムと言ったタンパク質中心の保存食にエネルギー源を頼らざるを得ませんでした。

 

厳しい冬が過ぎ待望の春を迎えた頃には、血液がドロドロの脂肪過多の状態になっていました。

 

この状態を改善するのに、春を迎え大きく葉を伸ばしたタンポポが「解毒薬」として使われていました。

 

タンポポは身体の中にたまった不純物を排出してくれ、肌をきれいに保つことを助けてくれるのです。

 

 

3.医学的な理由

 

花粉症などのアレルギーは、IgE抗体が深く関わっています。

 

アレルギー体質の方はこのIgE抗体を多く持っています。

IgE抗体とアレルギー物質が結びつくとヒスタミンを生み出します。

このヒスタミンによってかゆみなどの炎症が起こります。

 

タンポポに含まれる成分は、アレルギーの抗体である「IgE」を 下げる効果があると言われています。

 

この働きは、大阪大学医学部と産業医科大学により実証され、さらに研究が進められています。

 

 

最後に

 

人の第一印象で重視されるのは「見た目」だと言われています。

特に肌はその人の健康状態などをあらわしていることが多く、ここを改善することで印象はぐっと変わります。

 

秋の皮膚荒れに悩んでいる方は一度たんぽぽ茶を試されてはいかがでしょうか。

 

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.