Blog

競泳女子の池江璃花子選手、タレントの堀ちえみさんのがん公表に思う

更新日:

前向きに取り組む姿勢、闘う強い意志と勇気の大切さに気づき

 

2019年2月12日、日本中に衝撃が走りました。

 

競泳女子の池江璃花子選手が自身のツイッターで白血病と診断されたことを公表。

東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、日本水泳界の期待の星を襲った病魔について連日のように報道されました。

 

そして、2月19日。

今度は歌手で女優、コメンテーターなどマルチなタレントとして活躍していた堀ちえみさんが口腔がん、いわゆる舌がんであることを公表しました。

 

池江璃花子選手、堀ちえみさんともに前向きなメッセージで、がんとの闘病に臨む決意を表明しています。

しかし、おふたりとも著名人であるだけに、どうしても一部マスコミの過熱報道が避けられない状況にあるようです。

 

今、私たちにとって大事なことは、おふたりが再び元気で健康的な笑顔を見せてくれることを、心の中で静かに願い、応援することなのではないでしょうか。

 

池江選手の報道で知った白血病という病気のこと

 

相次いで公表された著名人のがん公表について、改めて気づいたのが病気への理解が重要であるということです。

2019年2月20日現在、堀ちえみさんが罹患した舌がんについては、これから様々なテレビ番組などによって、その病態についての詳細な報道がなされていくものと思います。

 

池江選手が白血病に罹っていることを公表したのち、白血病とはどのような病気であるのか、どんな治療法があるのかなどが事細かに報道されています。

 

白血病──ひとくちにいえば、血液のがんといわれるものです。

他のがんと同じように高齢者が発症しやすいがんではありますが、最近では若い世代の発症頻度が最も高いがんということが知られるようになってきました。

 

しかし、池江選手が白血病を公表してからというもの、これ以外にもこれまで知らなかった白血病のことをいろいろと学ぶことができました。

 

たとえば、白血病の種類です。

 

白血病は、「急性白血病」と「慢性白血病」に大別されます。

さらに、急性と慢性それぞれに、「骨髄性白血病」と「リンパ性白血病」があり、白血病でも4つのタイプがあるということです。

 

池江選手の白血病がどのタイプに属するのかは不明ですが、日本人の場合は急性骨髄性白血病の方が多いという傾向にあるようです。

 

妊婦さんだからこそ貢献できる臍帯血バンク

 

急性骨髄性白血病とは、血液を作る過程で白血球のもとになる骨髄芽球になんからの遺伝子異常が起こり、がん化した細胞(白血病細胞)が無制限に増殖することで発症するといわれています。

 

発症の原因はまだ明らかになっていませんが、病状の進行が速いため、急に症状が出現することが多いそうです。

 

主な症状としては、池江選手がそうであったように、ひどい倦怠感や息切れ、動悸、発熱などがあります。

その他にも、血を止める働きのある血小板が減ってしまうことで、出血なども白血病の特徴の一つだとされています。

 

治療法の第一選択になるのが、抗がん剤などによる化学療法です。

さらには患者の病状や病態を見ながら、骨髄移植や臍帯血移植など血液の元になる造血幹細胞移植を選択する場合もあるそうです。

 

しかも、かつて白血病というと「不治の病」というイメージが強かったのですが、現在ではこうした治療法の進化によって、治癒率も飛躍的に高くなっているとのことです。

 

また、池江選手の報道に関して、骨髄バンクへの問い合わせが急増したというニュースもありました。

骨髄移植の場合、ドナーと移植対象者の適合性が問題になります。

骨髄移植ができるかどうかは、白血球の血液型であるHLAというものが適合しないと、拒絶反応を起こしてしまいます。

 

しかし、ドナーが増えることで適合率も高くなり、白血病患者にとって治癒機会が増えることはいうまでもありません。

 

また、池江選手関連のニュースや報道ではあまり取り上げられていないようですが、臍帯血移植も白血病治療の重要なカギになっているようです。

 

臍帯血とは、へその緒や胎盤に含まれている血液のことです。

臍帯血に造血幹細胞が多く含まれていることがわかっています。

しかも、骨髄移植ではHLAとの適合が問題視されますが、臍帯血移植ではHLAが一致しなくとも移植可能だということです。

そのため、臍帯血バンクが整備されれば、移植決定後すぐにでも臍帯血移植を行うことができ、早期治療に取り組むことができるというメリットもあります。

 

白血病治療のための臍帯血バンクというものも広がってきました。

しかし、日本が抱える大きな問題の一つとして、少子化があります。

 

タンポポ茶を愛用されている方の多くは、健康で元気な赤ちゃんを望まれています。

もし興味をお持ちになられたら、妊婦さんだからこそ貢献できる臍帯血バンクというものを一度お調べになってみてはいかがでしょうか。

 

がん治療をサポートするタンポポ茶ショウキT-1の研究成果と実績

 

白血病治療のファーストチョイスとなるのが化学療法ですが、多くの方がご存知のように抗がん剤には強い副作用があります。

患者さんはもちろんのこと、がん治療にあたるお医者さんにとっても副作用の軽減は頭の痛い課題かもしれません。

 

患者さんの身体的な負担を考慮する中で、がん専門クリニックの中にはタンポポ茶を採用している医療機関もあります。

その理由は、タンポポ茶ショウキT-1は強い解毒作用を持つ漢方エキスだからです。

 

さらにタンポポ茶ショウキT-1にはビタミンのような栄養素がまったく含まれていないため、血液検査などの数値に影響を及ぼしません。

治療を邪魔することなく、しかも強い解毒作用で抗がん剤の副作用の心配を緩和してくれるのが、タンポポ茶ショウキT-1というわけです。

 

また、患者さんの体調管理につながる働きとして、強い利尿作用があります。

がん治療には浮腫みや腹水、胸水などが懸念されますが、タンポポ茶ショウキT-1は強い利尿作用によって腎臓に負担をかけず、速やかに水分を排出する働きがあるとされています。

 

白血病にかぎらず、がんの治療は長くつらいものとされています。

そのため、がんを発症しないための、いわゆる予防が大事になってきます。

 

それに対し、タンポポ茶ショウキT-1に関するこれまでの研究から、その主成分である糖鎖が細胞間の信号伝達の乱れを正常化させる働きがあることがわかっています。

つまり、細胞の異常であるがんの増殖を抑える働きが期待されているとのことです。

 

がんは、大きな病気です。

 

しかし、白血病の治療法確立やそれにともなう完治率の向上からもうかがえるように医療は日進月歩で進化し、いまや不治の病ではなくなっています。

 

また、タンポポ茶ショウキT-1のように、治療をサポートしたり、日々の健康管理を支えてくれたりする研究も進んでいます。

 

どんな病気であれ、前向きに取り組む姿勢、闘う強い意志と勇気──このたびの一連の報道を通して、その大切さを気づかされたような思いです。

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.