Blog

肥満は不妊の原因になる!ー肥満に解決法とはー

投稿日:

肥満の境目

 

三寒四温というように、暖かい日が増えてきました。

桜の開花も発表され、花見を楽しんでいる方もいることでしょう。

 

少しずつ服装も薄くなってきて、気になるのが冬に肥えてしまった体型です。

 

冬は寒くて運動をする気にもならず、汗もかきづらいのでどうしても体重が増えやすくなります。

 

肥満の基準としては

BMI(体格指数)が25以上のことを指します。

※BMIは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出できます。

 

この体重の増加ですが、妊活中の方や不妊症治療中の方は要注意です。

 

女性の不妊の原因の一つは、肥満といわれているからです。

 

不妊症の約10%は、肥満が原因だと考えられています。

 

肥満になると、どういったデメリットが起こるのでしょうか。

 

肥満のデメリット

 

  • 妊娠しづらくなる。

肥満になると糖代謝異常や脂質代謝異常を起こしやすくなり、無排卵になることがあります。

また、肥満は多嚢胞性卵巣という病気を合併しやすくなることがわかっています。

多嚢胞性卵巣は排卵が起こらなくなる病気です。

 

  • 出産が難産になりやすい。

肥満になると産道が脂肪で狭くなります。

そのため、出産時に難産になりやすくなります。

ご自身の身体のためにも、赤ちゃんのためにも肥満を解消してスムーズな出産をすることで負担を減らすようにしましょう。

 

  • 障害児が産まれやすくなる。

低出生体重児の赤ちゃんが産まれやすくなります。

また、痩せすぎの人や過度のダイエットをしている人も低出生体重児が産まれやすくなることがわかっています。

適正な体重管理をすることで健康な赤ちゃんが産まれやすくなります。

 

肥満の解消法

 

さらに、肥満であるとその他の病気にもなりやすくなります。

糖尿病や腎臓病、腰痛などの疾病を併発しやすくなります。

 

肥満になっていいことはないのです。

 

しかし、一方で赤ちゃんのためや妊娠しやすくなるために栄養のある食事を摂るように言われたり、適正な体重にするためにダイエットをするようにと指導されることもあるでしょう。

 

その通りで、ご自身の身体や赤ちゃんのことを考えると、食事をしっかりと摂ったり、適正な体重管理をする必要があります。

 

 

それではどうしたらいいのでしょうか。

 

健康的な体重をキープするには、運動が一つです。

 

身体に負担のかかりづらい、ウォーキングやプールでの運動がおすすめです。

 

 

もう一つが痩せやすい身体作りをすることです。

 

そのために行うには、体温をあげることです。

 

体温をあげることで、基礎代謝をあげることができます。

 

基礎代謝が上がることで、1日の消費されるカロリーが増えていきます。

その結果、健康的に痩せていくことができるのです。

 

 

それでは体温をあげるためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

まず先ほど紹介したように運動をすることです。

 

運動は筋肉をつけることができ、筋肉は体温をあげるために重要な要素です。

 

そのほか、お風呂につかるようにすることも重要です。

 

1日20~30分ほどを目安に半身浴をすることで、体温が上がりやすくなります。

 

生活の中でも腹巻きや湯たんぽを活用する方法もお手軽にできるのでおすすめです。

 

 

そして最後にご紹介したいのが「たんぽぽ茶ショウキT-1:です。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1は、たんぽぽの葉から抽出された成分を含んだお茶のことです。

 

たんぽぽの葉は古くから漢方生薬として親しまれてきて、デトックスと冷え症改善に処方されてきた歴史があります。

 

たんぽぽの根っこには、身体を冷やす働きがあるのですが

たんぽぽ茶ショウキT-1に含まれているたんぽぽの葉は身体を温める働きがあるのです。

 

たんぽぽは西洋ではおねしょのハーブと呼ばれるほど、利尿作用が高く、高いデトックス効果があります。

 

身体に溜まった老廃物や不純物を身体に出すことで、痩せやすい身体作りに役立つことができます。

 

たんぽぽ茶ショウキT-1はカフェインも含まれておらず、安心安全なお茶です。

 

まず、医師の指導を守っていただきたいのですが、プラスαとしてたんぽぽ茶ショウキT-1を役立てることもできます。

 

 

ぜひ、お試しください。

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.