Blog

赤ちゃんが健康に育つ環境を整えてくるタンポポ茶

更新日:

喫煙や飲酒の習慣は厳禁!胎児におよぼす悪影響について知る

 

映画やドラマで引っ張りだこの有名俳優であり、ミュージシャンとしても人気の芸能人がコカインを使用したとして、麻薬取締用違反容疑で逮捕されました。

このニュースでは、出演作品の公開について是非を問う議論に発展したり、そこから生じる多額の違約金問題に耳目が集まったりするなど、大きな話題になりました。

 

どうしてコカインなどの麻薬類がダメなのかというと、人間の体の中で最も大切な脳を侵し、神経や内臓までにも悪影響をおよぼしてしまうという健康問題があるからです。

薬物によってダメージを受けた器官は二度と回復しないともいわれています。

 

しかも、薬物を乱用することによって依存症を引き起こし、精神障害を発症することになります。

さらには薬物を入手するため窃盗や強盗、売春、殺人などの犯罪を起こす引き金になり、家庭崩壊や社会秩序の破壊へとつながるからなのです。

ですから、どんな種類であっても、薬物には絶対に手を出してはいけないのです。

 

胎盤を通して赤ちゃんに入ってしまう有害物質

 

妊活中や妊娠中の女性が薬物に興味を持つことはまずあり得ないと思います。

ただ、芸能界を揺るがしたこのたびの騒動を通し、ひとつ気になることがありました。

 

薬物のことではありませんが、妊娠に悪影響をおよぼす常用性のある習慣として、喫煙や飲酒の問題です。

 

妊婦にとってタバコやアルコールは害であることは常識としてご存知かと思います。では、どのような害があるのでしょうか?

 

肺がんや肝臓がんのリスクが高まることはだれもが知っていると思いますが、胎児にどのような悪影響をもたらすのかご存知でしょうか。

 

まずタバコです。

 

タバコにはニコチンと一酸化炭素、シアン化合物、鉛などが含まれています。

もし妊娠中に母体が喫煙すると、これらの有害物質も胎盤を通して胎児へと入ってしまうといわれています。

 

つまり、母体がタバコを吸うと、お腹の赤ちゃんもタバコを吸っているのと同じことになるのです。

 

喫煙習慣のある妊婦の場合、子宮内胎児発育遅延が起きることが知られています。

その他にも早産や出血、破水の異常、前置胎盤、常位胎盤早期剥離、周産期脂肪など様々な妊娠・出産の異常が起こりやすくなります。

 

また、生まれてくる赤ちゃんも妊娠中の喫煙によって有害物質に晒されたり、低酸素状態が続いたりすることから、早産や死産あるいは低体重児になるリスクが飛躍的に高まってしまうのです。

 

しかも、喫煙で注意しなければならないのは、母体がタバコを吸わなくとも受動喫煙の環境にいれば同じような胎児は同じようなリスクを負うことになるのです。

 

日本小児科学会誌に掲載されていたあるデータによると、受動喫煙の環境にいた妊婦から生まれた赤ちゃんの尿からニコチンが検出されたという報告があります。

 

母体の喫煙はもちろんですが、家族の喫煙習慣も胎児に悪影響をおよぼすことを忘れてはいけません。

 

次にアルコールです。

 

母体の飲酒による胎児への主な悪影響には、次のようなものがあるといわれています。

 

子宮内胎児発育遅延、精神地帯や多動症などの中枢神経障害、特異顔貌・小頭症などの頭蓋顔面奇形、関節異常などの奇形です。

 

また、妊娠中のアルコールによってタバコと同じように流産や死産のリスクも高くなるとされています。

 

アルコールが胎児に悪影響をおよぼすのも、胎盤を通してエタノールやその代謝物であるアルデヒドなどが侵入し、胎児の細胞増殖や発達を障害すると考えられています。

 

タバコにアルコール。妊活中や妊娠中は絶対に慎むべきものなのです。

 

日常生活で溜まってしまう体内の老廃物にも注意が必要

 

喫煙や飲酒の習慣がなくとも、日常生活の中でも注意したいのが食品添加物です。

食品添加物の功罪については国によっても基準が異なるケースがあるため、一概にすべてがNGとはいえません。

 

しかしながら、添加物によっては多量に摂取することで染色体異常やアレルギー体質を招く可能性があると指摘されています。

そのため、妊活中や妊娠中は食品添加物にも気を配りたいものです。

 

赤ちゃんが健やかに育つ環境を整えるため、タバコやお酒を排除し、添加物にも注意を払うことは心がけでできるものです。

 

しかし、赤ちゃんのためにもうひとつ気をつけてもらいたいのが、体内で生み出されてる老廃物についてです。

 

人間は食事をして栄養を体に蓄え、それを活用してエネルギーに変えて活動します。

するとそのあとには、必ず老廃物が残ってしまうものだからです。

 

この老廃物が体外に排出されずに溜め込んでしまうと、体内毒素になってしまいます。

体内毒素が増えると血液やリンパの流れが悪くなり、酸素や栄養が細胞に行き届かなくなってしまうといわれています。

すると細胞の代謝が下がり、体の冷えや頭痛、肩こり、便秘、疲労、肌荒れ、月経痛、月経不順、不正出血などさまざまな症状が引き起こされてしまいます。

 

妊活中であれば卵子の質が低下し、妊娠力も下がってしまいます。

 

母体の健康状態はそのまま胎児にも影響しますので、体内毒素が溜まることは赤ちゃんにとっても決していい影響は与えません。

羊水が体内毒素の影響を受けると、胎児の遺伝子を傷つけたり、流産や死産の原因になったりするからです。

 

通常、老廃物は腎臓によって処理され、尿となって排泄されます。

この働きがスムーズにいかなくなると老廃物が溜まってしまい、体内毒素になるといわれています。

 

そこで解毒作用を高め、尿として老廃物の排泄をお手伝いしてくれるのが、タンポポ茶ショウキT-1の解毒作用です。

 

タンポポ茶ショウキT-1のエビデンスデータとして、異なる病気に罹患している4人の患者さんを対象にした試験があります。

タンポポ茶ショウキT-1を1週間にわたり使用してもらい、尿量を測定したところ、全員が尿の量が増えたという結果が出ました。

 

これはタンポポ茶ショウキT-1によって老廃物を処理する腎臓の働きが高まったことを示唆する結果だそうです。

つまり、タンポポ茶ショウキT-1を飲み続けることで腎臓の働きがよくなり、体内の老廃物を排泄してくれるという解毒作用を裏づける試験結果となっています。

 

喫煙や飲酒の習慣がなくとも、赤ちゃんは常にさまざまな脅威にさらされているといえます。

だからこそ、赤ちゃんが健やかに育つための環境を整えてあげなければいけません。

 

タンポポ茶ショウキT−1は、そんな環境づくりのお手伝いをしてくれるはずです。

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.