Blog

赤ちゃんの名前を考えてストレス解消

更新日:

男の子は漢字一文字、女の子は和風なイメージがトレンド

 

秋が深まり、年の瀬が近づくにつれて、今年がどんな年であったのかを振り返るいろんなニュースが発表されます。

この時季のニュースで毎年楽しみにしているのが、新生児の名前ランキングです。大手の通信教材会社や生命保険会社などが顧客データなどをもとに、新生児につけられた名前のランキングを発表しています。

 

調査対象によって若干の違いもあるようですが、ちなみに大手通信教材会社が発表した新生児の名前ランキングによると、男の子の第1位は「蓮(れん)」、女の子は「陽葵(ひまり)」となっています。

蓮と陽葵はここ数年でも上位にランクインしている人気の名前だそうです。

全体の傾向としては、男の子は感じ一文字が人気で、女の子は和風でどこか古風なイメージの名前がこのところのトレンドとか。

 

特に今年は令和という新元号になったこともあり、別の会社が発表した統計によると「令」の漢字を使った名前が急上昇しているといいます。

 

数年前はフリガナがないと読めない難読名前、いわゆるキラキラネームがトレンドになっていましたが、ここ最近は落ち着いてきたともいわれています。

 

赤ちゃんの名前を考えるのはうれしい苦労

 

どうして新生児の名前を話題にしたのかというと、生まれてくる赤ちゃんの名前を考えているときの幸福感をお伝えしたかったからです。

 

妊活中あるいは不妊治療中のご夫婦にとっては、「そんなことは、まだずっと先のこと!」と、お叱りを受けるかもしれません。

 

けど、それでいいのでしょうか?

 

妊娠することだけが目的ではないはずです。

元気な赤ちゃんを産み育てていくことこそが、妊活や不妊治療の大きな目標ではないでしょうか。

 

男の子なら、この名前。女の子ならば、こういう名前。

漢字はこれとこれ。

男の子ならば、元気で力強く育って欲しいから。

女の子なら、やさしく思いやりのある女性に育って欲しいから。

 

でも、苗字との韻が悪いから、やっぱりこの名前の方がいいかなあ。

画数も気になるから、こっちの漢字を使おうかなあ。

 

最近では画数をあまり気にしないご夫婦もいらっしゃるようですが、苗字と名前の組み合わせでいい画数にするのは、思った以上に苦労するものです。

でもその苦労もまた、生まれ来る赤ちゃんのためだと思うと、うれしい苦労になります。

 

タンポポ茶ショウキT-1で心と体に余裕を

 

妊活中や不妊治療期間中は、どうしても気持ちに余裕がなくなりがちになってしまいます。

不安に押しつぶされて、それがストレスになり、かえって妊娠を妨げることにもつながりかねません。

それは女性だけではありません。男性も同じです。

 

そんなときにおすすめなのが、タンポポ茶ショウキT-1です。

タンポポ茶ショウキT-1には、心と体をリラックスさせてくれる働きがあるといわれています。

その他にも、女性ホルモンを増やしたり、卵子の若返りを促したりして、妊娠しやすい体作りのお手伝いもしてくれます。

 

だけど、そういうむずかしいことは抜きにして、秋の夜長にタンポポ茶ショウキT-1を飲みながら、赤ちゃんの名前を考えてみてはいかがでしょうか。

 

男の子がいい、やっぱり女の子の方がいい。

こういう子供に育って欲しい。だからこんな名前はどうだろう?

 

心と体をリラックスさせながら、そこにもうひとりの家族がいる未来の情景を思い描いてみる。

そんな余裕を持つことも、赤ちゃんを授かるうえで大事なのではないでしょうか。

 

 

 

 

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.