Blog

258グラムで生まれた男の子が無事に退院!

更新日:

超出生体重児が生まれる原因のひとつが妊娠高血圧症候群

 

先日、ほっとするニュースがテレビで流れていました。

でも、その反面、どきりとするニュースでもありました。

 

テレビや新聞でも結構大きく報道されましたのでご記憶の方も多いと思います。

昨年10月に長野県の病院で超低出生体重児として生まれた男の子が、半年を過ぎたこの4月20日に無事退院できたというニュースです。

 

出生時の体重はわずか258グラム。身長は22センチで大人の手のひらのるほどの大きさだったそうです。

 

それが退院時は3300グラムを超えるまでに成長し、ご両親や兄弟たちといっしょに退院できた光景は、安堵とともに心あたたまるものでした。

 

厚生労働省の保健指導マニュアルによると、生まれてきた赤ちゃんは出生時体重によって次のように分類されるそうです。

 

4000グラム以上:高出生体重児

2500グラム以上4000グラム未満:正出生体重児

2500グラム未満:低出生体重児

1500グラム未満:極出生体重児

1000グラム未満:超低出生体重児

 

これを見るとわかるように、一般的な超低出生体重児は1000グラム未満となっています。

それと比べても、258グラムという出生時体重がどれほど稀なことであり、ご両親をはじめ医療関係者のご苦労が大変だったろうと思わざるを得ません。

 

報道によると、男の子は生まれてすぐに新生児集中治療室に入り、懸命の治療と最新のケアを受けることになったそうです。

 

母乳は綿棒に浸して含ませたり、口に入れたチューブから胃に送ったりするなどしたとのことで、そのご苦労がしのばれます。

 

そうした苦労が報われ、超低出産体重児として生まれた男の子は、無事に病院を退院できた「世界最小」の赤ちゃんだとされています。

 

医療の進歩、並々ならぬ努力を重ねてきた関係者のみなさまには敬意しかありません。

 

かつては妊娠中毒症と呼ばれていた妊娠高血圧症候群

 

そもそも、超出生体重児が生まれる原因として、早産のために出生体重が小さくなったり、先天的心疾患や染色体異常などによって胎児の発育遅延が原因になったりするといわれています。

 

また、お母さん側にも原因があるケースとしては、妊娠高血圧症候群や胎盤や臍帯の異常などによって起こるとされています。

 

男の子が超出生体重児として生まれてくることになったきっかけも、お母さんが妊娠高血圧症候群で入院したことだったそうです。

妊娠24週5日で緊急帝王切開することになり、そして誕生したのが258グラムの赤ちゃんでした。

 

妊娠高血圧症候群とは、以前の呼び方でいえば「妊娠中毒症」になります。

 

子宮の動脈がなんらかの原因によって収縮し、高血圧やタンパク尿、むくみなどの症状のほか、ひどくなると意識障害といった重篤な状態にもつながりかねない病気とのことです。

 

もちろん、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことは必須とされています。

 

しかし現在の医療でも、どうして妊娠高血圧症候群が起こるか、その仕組みはまだ解明されていないとのことです。

 

258グラムの赤ちゃんが無事に退院できたというニュースを聞いて、どきりとしたのが、このことでした。

 

ただ、極端なダイエットなどによって痩せ過ぎていたり、喫煙や飲酒の生活習慣があったりする女性は、妊娠高血圧症候群のリスクが高いとされているようです。

 

そこで妊婦さんが日頃からできる、妊娠高血圧症候群の予防策として考えたいのが、タンポポ茶ショウキT-1です。

 

血圧上昇の抑制やむくみにタンポポ茶

 

妊娠高血圧症候群を予防するうえで、毎日定期的に血圧を測ることが大事です。また、血圧のほかにもむくみが出ていないかどうかも、注意すべき点のひとつのようです。

 

というのも、妊娠高血圧症候群になると、血圧上昇のほかにむくみに悩まされる女性が多いとされているからです。

 

かつて、妊娠中毒症と呼ばれていた時代、むくみの状態が診断基準に入っていたことからも、むくみは妊娠高血圧症候群と深く関わっているのではないでしょうか。

 

そこでタンポポ茶ショウキT-1です。

 

タンポポ茶ショウキT-1には、たくさんの食物繊維が含まれています。

食物繊維は腸をきれいにしてくれるという働きがあります。

妊婦さんの腸は子宮に圧迫されるため、ただでさえ腸の働きが弱りがちとされています。

 

食物繊維はそんな腸の働きをよくしてくれますが、その他にも血液中のコレステロールの吸収を抑えるなどして、血圧の上昇を防いでくれるのです。

 

また、タンポポ茶ショウキT-1の解毒作用も見逃せません。

タンポポ茶ショウキT-1には、体にたまった老廃物を排泄し、血液やリンパ液などの体液をきれいにしてくれる働きが確認されています。

 

このことは血液の流れをよくし、血圧の上昇を抑えることにも関係してくるのではないでしょうか。

 

さらにタンポポ茶ショウキT-1には、むくみ解消へとつながる利尿作用があります。

むくみは、体の中に余分な水分がたまった状態といえるものです。

 

もともとタンポポは、「おねしょのハーブ」といわれているように、体の中の余分な水分を排泄するお手伝いをしてくれるのです。

 

この他にもタンポポ茶ショウキT-1には、鉄分などのミネラルが豊富に含まれており、妊婦さんの不足しがちな栄養素の補給も期待できます。

 

カフェインが入っていたため、安心して飲めるのもうれしいことです。

 

妊娠高血圧症候群の原因はまだはっきりとはしていませんが、予防を考えた取り組みを日頃から続けていくこと。

 

その大切さをこのたびのニュースで感じました。

 

-Blog

Copyright© たんぽぽ茶 ショウキT-1 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.